オオカミくんには騙されない2020夏#11ネタバレや感想やロケ地

ドラマ
スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#11が、今夜22時スタートしますね!

前回10話では、ゆらちゃんが、そうまくんに月LINEを使い、サプライズでそうまくん本人に、「遊ぼうー!」と声を掛けて、みんなのムードを一気に盛り上げていましたね。

それに、感化されたマリカちゃんも、よしき君を月LINEを使い誘いました。

今週は、この二人の女子のデートから始まります。

「月LINE使います」ゆら

「よしき、最後に一緒に出掛けたいです」マリカ

ゆらちゃんの方は、相手がそうまくんですから、完全にノアちゃんを吹っ切った訳ではないと思いますが、けじめが付いた形となりましたから、楽しく過ごせそうです。

マリカちゃんの方は、よしき君がLINEが届いた時の顔がMCによると、泣きそうな顔をしているとコメントしていました。

確かに、困惑顔のよしき君でしたが、どういう展開になるのか微妙な感じですが、マリカちゃんの「最後に」という言葉をどうとらえて、デートするのか見守りたいですね。

 

前回予告編はこちら

「どういうこと?」

「ごめんなさい」この声はカイト君ですよね?

ありさちゃんが悲しい顔に・・・・?!

秘密を抱えていたのは女子!?

 

意味深な予告の裏に隠された、恋リアの行方が気になります。

カイト君が何かアクションを起こすのでしょうか?

こちらも爆弾発言並みに気になるところですね。

 

スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#11ネタバレや感想

オオカミくんには騙されない2020夏#11は、ゆらちゃんと、マリカちゃんのデートから始まりました。

ゆら×そうま 月LINEデート

神宮のイチョウ並木の場所で待ち合わせ

紅葉がきれいです。

「ごめん、ゆら、人身事故で遅れてしまいました」そうま

「おはよう」ゆら

「ちょっと、被っちゃったね」そうま

ファンションが、似てる?!

「今日ね、バッティングセンターに」ゆら

「ちょっと、待ってよ。ヘタ同士頑張ろう!」そうま

神宮バッティングセンターに行きました。

ゆらちゃんも球に当たって、二人で、楽しそうでした。

 

アイスを二人で食べます。

「シャインマスカット、めっちゃ好きなんだよね」ゆら

「でも、あとちょっとで、終わっちゃうのか」ゆら

「はや」そうま

「今、月LINE使えて良かった」ゆら

地面に虫がたくさんいたようで、そうまくんは聞いていない?

「今、いいとこなんだけど」ゆら

「虫の量がすごかったからさ」そうま

「気になっちゃった。ごめんね」そうま

「LINEで誘われるより、ああやって直接誘われると、全然違うね。すごい嬉しかった」そうま

「まだね、そうまくんに好きって、言ってないっけ?ないと思うんだよね。だから今日は、なんか、それを伝えたかったから・・(そうまくんを見て、うん、うんと頷いて見せる)言いたいんだけど、今恥ずかしくなって、言えなくなってます」ゆら

「恥ずかしいよね」そうま

「恥ずかしいよ」ゆら

「なんも疑ってないの?俺のこととか男子の事?オオカミいるんだよ」そうま

「確かに」ゆら

「でも、そうまくんは違うかなって、思ってる」ゆら

そうまくんの顔が一瞬、ゆらちゃんが見るまで曇りました・・・

「じゃあ、今日も作品、頑張ろう」そうま

「俺らは、それをやるしかないからね、今は」そうま

 

これは、そうまくんが自分がオオカミだと、告白しているみたいですね。

やっぱり、そうまくんは怪しいですね。

ゆらちゃんに、自分がオオカミだと促しているようにしか聞こえない発言に聞こえました。

というか、そうまくんはオオカミくんだと予測してます。

 

ゆら×マリカ

「どうでしたか?」マリカ

「すごい楽しかったし、そうまくんの空気感で遊べたかなーって思う」ゆら

「でも、なんだろう。だからって、手ごたえがあった訳じゃなく、今言葉とかよりも、自分がされて欲しいことを、相手にしてあげることが大切かなって」ゆら

「そうだよね。何回も言葉で伝えたって、”わかってるよ”って感じだもん」マリカ

「マリカちゃん、よしき君が、その二人の空気感好きだって思ったし、その空気感あるのか分かんないけど」ゆら

「私といる時は、気は抜いてくれているんだと思うけど」マリカ

「それが、別に好きじゃないから、友達だからって思ってるってことなんだろうかなって、でも、まあ、それでもいいかな。楽しんでくれてれば」マリカ

 

ひとみ×よしき

「オオカミいるんですもんね」ひとみ

「どうなんだろうね、本当に恋愛してないのかな?」よしき

「してないのかな?しているように見えるんだよね、みんな」ひとみ

「そこがでも、難しそうだけどね」よしき

「でも、してたとしても、してなかったとしても騙してるからさ、きついよね。騙される方もきつけど、騙ましている方が絶対・・」ひとみ

「騙される方がきつよ」よしき

「いや、騙している方がきついと思うよ」ひとみ

「だって、今までずっと信じてきたのにさ、そこで、オオカミでした。って言ったら、今までのは何だったんだってなっちゃう」よしき

「まあ、確かに。でも、楽しかったとかはね、嘘じゃないから、そこは大丈夫じゃない?」ひとみ

「大丈夫っていうか、あれじゃない?」ひとみ

「これは、離した方がいい?」よしき

よしき君は、作業に没頭してますが、ひとみちゃんは、まだ言いたいことが、足りないような雰囲気です。

 

マリカ×よしき

東京トリックアートに行きました。

「めっちゃ、来たかった」よしき

「最近、あんま元気ないかなって」マリカ

「いや、そんなことない」よしき

「ナルニア国物語」よしき

トラにまたがってポーズをとります。

 

水が流れる絵画を見ながら、よしき君に説明するマリカちゃん。

「降りてるじゃん、降りてるじゃん、ここも降りてるじゃん、分かる?現実世界ではありえないじゃん?」マリカ

「うん????」よしき

「ずっと降りるって」マリカ

「確かに、水がなくなっちゃうもんね。水が足りないもんね」よしき

爆笑のマリカちゃんです。

よしき君は理解してないみたいです。

「そういうことじゃないの?」よしき

亀のアートで撮影するふたり。

「めっちゃ面白い。また来たいな」よしき

 

夜景を観ながら

「やば」よしき

「レインボーブリッジ、東京タワーも見えるよ」マリカ

「全部見えるね」マリカ

「なんていい景色だ」よしき

「きれい」マリカ

「ありがとうね。月LINE使って、こんな綺麗なところ連れて行ってくれて」よしき

「全然」マリカ

「こちらこそ、来てくれてありがとう」

「いやー、ありがとう、マジで楽しいわ」よしき

「もうすぐさ、終わっちゃうじゃん。で、ここまでで、自分が伝えたいことは、伝えたと思っているから。今日は、よしきの事聞けたらいいなって思ってて。

なんか、でも恋愛のことじゃなくて、多分、よしきって、やっと報われたってみんなに思われているかもしれないけど、でも本当は一番悩んでいるのはよしきかなって思って、明日のこと(マサの復活の可否が分かる)絶対よしきが気にしているんだろうなって、思ったから。なんかもう、言っちゃえば、半分諦めているから、応援したいって思ってる。

でも最後に一個だけ、私、が、自分が後悔しないように、伝えたい、伝えたいっていうか、きっと自分では、私が一番近くでよしきを見ていたと思っているし、そこは伝えたいなって。誰よりも」マリカ

「ありがとう」よしき

「だから、全然気にせず、相談もして欲しいし、何か困ったら聞かせて欲しいし、応援します。最後まで」マリカ

「ありがとう」よしき

「まあ、でもそのー、今一番悩んでいることは、マサ君のことかなあ。ほんと責任感じているし、ここで、マサ君が復活出来なかったら、どうしようとか、考えちゃう。なんて伝えればいいのかなあって、そこが一番・・」よしき

「でも、絶対それは、よしきのせいじゃないし、復活できるか信じているけど、もしできなくても、それもよしきのせいじゃないから。それを理由にひとみちゃんのこと諦めるとか、」マリカ

「・・・・・」よしき

「じゃあ、明日も楽しもうね。最後まで」マリカ

「うん。楽しもう」よしき

「背負い過ぎないで」マリカ

「うん。」よしき

「ありがとう。また、なんかあったら相談するわ」よしき

「じゃあ、本当にありがとう。バイバイ」よしき

「じゃあね」マリカ

「はーー(ため息)」よしき

よしきが去って行って、後ろを振り向いたマリカちゃんは、涙が零れ落ちそうになるのを、必死に抑えているようでした。

顎に流れた一筋の涙の滴が、何とも言えない悲しさを物語っていました。

 

マリカちゃんは、非常に利発で、頭の回転が速い方ですよね。

それでいて、すごく思いやりのある優しい人なので、本当に視聴者からしても、悲しいシーンでした。

このオオカミくんには騙されないでは、辛い悲しい恋になりましたが、次に恋するときは、ぜひハッピィーエンドになる恋をして欲しいですね。

こんなに身も心も美しい女性が、悲しんでいるというのは、本当に悲しいことですね。

マリカちゃんは、ディズニーなどの主人公のお姫様役がピッタリ似合う女性なので、そういったイメージにハマり込んでしまうほど、輝いて見えます。

マリカちゃんの王子様は、きっとどこかで、待っているでしょう。

 

 

 

次回予告~最終回

よしき君が月LINE、カイト君が太陽LINEを使いました。

 

よしき君が月LINE

 

「よしきです。月LINE使います」

「どういうこと?」ひとみ

 

視聴者には、明かされてはいないですが、ひとみちゃんのコメントからすると、ひとみちゃんに送られたようです。

 

カイト太陽LINE

「カイトです。太陽LINE使います」

「最終告白の前に、みんなアトリエに集まってください」

 

ゆら×マリカ

「どういう意図で使いたいからだね」マリカ

「でもさ、オオカミって何人いるのかな?」ゆら

「マサ君だけじゃないのかな?」ゆら

「分からない、誰も悲しい想いして欲しくない」マリカ

 

作品の制作は全て終わったのに、カイト君がアトリエにみんなを呼び出しました。

これは、何か重大な告白があるのかもしれないですね。

カイト君もマサくんに続いて告白と、MCはコメントしています。

 

「俺からも、みんなに今日伝えたい。ごめんなさい」カイト

ごめんなさいっと謝罪しているのは、何に対してなのか気になりますね。

カイト君が謝罪しなければならないことは、「オオカミ」以外他になにかあるのか考えられないですね。

カイト君はオオカミだった?

 

そして、最終回告白です。

 

「そうまくんのことが大好きです」ゆら

「オオカミくんじゃないって、信じてます」ノア

 

告白は、シリーズ初の結末へ

という予告でした。

「なんだー、嘘だー」MC

「良かったーーー!私も信じたよーー」MC横澤夏子

 

カップルが、少なくとも1組は誕生したということですね。

それは誰なのか?

よしき×ひとみ

がく×ノア

カイト×ありさ

それとも、そうま×ゆら なのでしょうか?

 

よしき×ひとみ カップルだから、MC横澤夏子泣いた?

どのカップルも、波乱ですよね。

唯一、波乱ではなかったカップルは、カイト君がオオカミじゃなければ、カイト×ありさ だけですね。

 

最後まで引っ張る予告ですが、次週は最終回となります。

オオカミくんは何人なのか、全てが明らかになります!

 

映像作品の審査発表

映像作品の審査は、アメリカ、イギリス、インド、韓国など、世界15か国以上の人々、総勢49名によって、リモートで行われました。

審査員が合格と判断した場合は、画面に赤いものを映して、票を投じます。

49名の審査員の内、45名を獲得すれば合格になるルールです。

「9割ってことでしょ」ひとみちゃん

「嫌だなー、でも全力で作ったし、なんとか入れてもらえたら、いいなと。」がく

「よし、大丈夫、いける」がく

女子が前列、男子が後列に座って、審査を見ます。

ノアちゃんが、英語であいさつします。

映像が始まり、いよいよ結果発表です!

・・・・・・・・

審査結果は、全員”赤いもの”を掲げて頂き、見事満了一致で、合格しました!!

49名、各国の人々に受けいられました。

 

特別上映会のお知らせ

これで、マサ君が復活!!

と思ってましたが、、、、

 

落ちないで投票は無効となりました

無効となった理由は、「脱落メンバーが規定違反によって、失効したため。」

え?!規定違反とは???

 

「ひとみちゃんが突然、泣き出しました・・・」

「え?・・・」

「本当にごめんなさい」ひとみ

「私、みんなに言えなかったんですけど、マサはシンデレラタイムの時に、自分の正体を明かしちゃった。オオカミだったって」ひとみ

衝撃!!

マサはオオカミだった?!

 

マサのシンデレラタイム

「最後に伝えとこうと思って、これ、二人の内緒にして欲しいんだけど、実はオオカミだったんだ。ごめん。マジで」

ひとみちゃんが泣きだします。

「でも、正直、そういうの関係なく、好きになっちゃた自分がいた。だから、失格だと思う。」

「だから、もう、気兼ねなく恋愛して欲しいです」マサ

「バイバイ」

 

この「バイバイ」の前には、こんな会話がされていたんですね。

だから、ひとみちゃんが、号泣していた。ということに・・・

爆弾発言のマサくんでしたが、ひとみちゃんのことを本気で好きになってしまったということですよね。

オオカミくんの騙し方には、見えなかったですよ。

本気で恋をしていたんですね。

マサ君が、もう戻って来ないということで、非常に残念です。

・・・・・

 

シンデレラタイムに選ばれた女子の権利

シンデレラタイムに選ばれた女子には、最終日に脱落者がオオカミだったか、知る権利を与えられます。

ただし、今回は脱落者が、自らオオカミと告白したため、失格となり復活はありません。

 

「だから、マサは戻ってこない・・」ひとみ

「戻って来るって、約束したんだけどな・・・」がく

うな垂れるがく君。

「自分がオオカミだったから、あの最後の作品(がく君)を譲ったし、落ちるのも、落ちるのも自分で良かったって、言ってて・・」ひとみ

 

「オオカミでも仲間は仲間だからさあ」カイト

「10人でいたことは変わらない」

「最後まで持って行こう。マサの気持ち」

 

合格しましたが、残念ながらマサ君の復活はなくなり、非常に残念な結果となりました。

 

マサ君の復活を願って、9人がずっと、作っていたアルファベットが明かされました。

それは、

「MASAFUMI」

でした。

 

今日は、ショックが大きくて、なかなか寝付けない人も出てきそうです・・・

オオカミ史上、初の失格のだそうです。

・・・・

 

マサが、正体と明かした理由はこちら

「オオカミなのに、自分はひとみちゃんを好きになってしまったから、自分は失格だから、自ら正体を明かした」ということだそうです。

 

オオカミくん予想

 

オオカミくんは、一体誰なのか?

こんな画像を発見しました!

これは、どこの映像シーンだったのか、覚えていますか?

この映像によると、オオカミくんはそうまくん×カイト君だということです。

そうまくんは鉄板だと予想していましたが、もう一人はがく君ではなく、カイト君のようです。

がく君は、オオカミではない?

オオカミのもう一人はカイト君で決定?

カイトオオカミ・・・・。

予告でありさちゃんが、泣いていたのは、カイト君がオオカミだと告白?!

カイト君がオオカミだったら、ありさちゃんのショックは計り知れないかもしれないですね。

ありさちゃんは、今カイト君とラブラブ状態なので、メンタルケアが必要になってきそうですね。

また、NC神尾くんが、ありさちゃんは純粋な子だとコメントしていたことがあり、ショックが大きくなりそうです。

オオカミは目を見開いている!!

 

そうまとかいとだけ目開いてる…

 

 

ここから、当日放送後の予想です。

 

マサくんは、自らオオカミだと、ひとみちゃんに告白してしまったので、マサくんの復活は無くなりました・・・。

マサくんは、オオカミくんでした!!

唖然としてしまいますでが、視聴者投票は正しかったということですね。

マサくんの復活は本当になくなってしまい、もう、マサ君が画面に現れることがないと思うと寂しいです。

 

オオカミくんは、一人目はマサ君でした。

そして、予告のかんじですと、カイトくんも実はオオカミくんで、カミングアウトをしてしまう?

オオカミくんの人数ですが、実は一人を除いて、4人オオカミだったということもあるのかもしれないですね。

オオカミくんは、

マサくん

カイトくん

がくくん

そうまくん

で、オオカミじゃなかったのは、よしき君だけでした。という結果もあり得るかもしれないですね。

それとも全員?

ってことは、さすがにないと思います。

オオカミくんじゃないのは、よしき君は鉄板ですよね。

と予想したいと思います。

 

オオカミくんには騙されない2020夏#11映像作品ノア

映像作品NO,9ノアちゃんの作品を制作します。

ノアちゃんが出演に誘うのは、もちろんがく君でしょうね。

どんな映像作品を考えているのか楽しみですね。

 

太めの赤いリボンの上を、黒ブーツで歩いて行くノアちゃん。

ノアちゃんが画面いっぱいにド迫力で映ります。

パネル越しのがく君にアイスを食べさせようとしているシーン。

次は、パネル越しのがく君と糸電話をします。

ベンチに座り、がく君から花束を受け取ります。

最後は、パネルなしのがく君が、赤い♥の風船に、赤い糸が付いたものを、受け取り二人で手を繋いで行きます。

 

最後の♡の風船は、風船がく君がオオカミくんではなくて、二人はハッピーエンドになりました、というノアちゃんの願望が入っているものなんでしょうね。

また、ノアちゃんらしい、自分自身の顔画面がたくさんある映像でした。

他の女子メンバーと比べると、自分アピールがすごい上手な方ですね。

さすが、Twitterインフルエンサーの女王です。

彼女らしい、映像作品でした。

 

オオカミくんには騙されない2020夏#11ロケ地

今週のロケ地は、月LINEデートの場所が夜の公園ではなければ、新しいスポットになりそうです。

ゆらちゃん、マリカちゃんが何処でデートプランを考えているのか、楽しみですね!

女子が男子をデートに誘う編になりそうです。

 

明治神宮外苑 バッティングドーム

ここのバッティングセンターでデートしたのは、ゆらちゃんとそうまくんです。

こちらで、二人ともホームランを出した?!かもしれないですね。

すごく、爽やかなデートでした。

 

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2−2−1
+81334786800

 

 

 

東京トリックアート迷宮館

ここで、デートをしたのは、マリカちゃんとよしき君です。

インスタ映えしそうですね。

こういう場所は、自然と会話も生まれるので、まだお付き合いが浅いカップルでもたのしめそうですね。

 

〒135-0091 東京都港区台場1丁目6−1 デックス東京ビーチシーサイドモール 4F

コメント

タイトルとURLをコピーしました