オオカミくんには騙されない2020夏#10ネタバレや感想やロケ地

ドラマ
スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#10が、いよいよ今夜スタートしますね!

毎週日曜日、abemaTVから22時に放送されます。

一週間は長くて待ちきれない人も、TVと違い前作をまた観ることもできますし、テンションを立て直すことができますよ。

前回、そうまくんがノアちゃんに月LINEを使いました。

#10は、ノアちゃんがそうまくんにどのような返信をするのか?

また、ノアちゃんはそうまくんの月ラインデートに出掛けるのかが見どころです!

 

前回9話の予告では、メンバーがこのようにコメントしています。

「自分の想いちゃんと伝えて、後悔なく、この夏は終りたいなあって思ってって」そうま

「最後に一個だけ・・・」マリカちゃんが、よしき君に何かを伝えているシーンが出てきました。

マリカちゃんは、よしき君に何をお願いするのでしょうか?

 

「どういうこと?」誰の声?

「何やるの?このタイミングで?」がく

「オオカミッてさあ、何人いるのかな?」ゆら

「誰も悲しい思いして欲しくない」マリカ

「ノアちゃんが出す答えは、どれも間違ってないと思う」ありさ

泣いているノアちゃんに声を掛けるありさちゃん。

 

今夜明らかになります。

スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#10ネタバレや感想

今日も映像の作業をメンバー9名で始めてました。

カイト×よしき

「この前さ、アトリエの二階でさ、よしきが悩んでいるのを教えてくれたじゃん」カイト

「うん」

「それで、どう、気持ちの変化みたいのあった?」カイト

「ひとみちゃんへの想いとかさあ」カイト

「でも、変化っていうか、本当に完全にこっち向いているのかなって、不安ではある」よしき

「まだ、マサ君のことがってこと?」カイト

「そうそう」

「でも俺はさあ、今やるべきこととしては、マサ君を復活させるために、とにかく映画製作を終わらして、頑張るって決めたから。そこでマサ君が復活して来て、正々堂々と戦いたいなっていうのがあるから。」

 

そうま×ゆら

「こっち座っちゃって、じゃあ」そうま

「今日のオチあるじゃん」そうま

「上がってきたら、いないみたいな。そこで、結果知りたいなって思って、今日、そこで最後の結果が分かるように」

「そうなんだ、ゆらも緊張するわ、それは」

「そうまくんと同じ気持ちになるわけですね」

「俺もそこは、ちゃんと伝えておくのはゆらかなって思って、という結果は」そうま

「みんなは知らないの?」

「みんなは知らない、がくくんとゆらとノアしか知らないから」

「知っててほしい人には、結っておこうと思って」

「もし、そうまくんノアちゃんが、今日で分かったとして、そうまくんが喜べない結果になっちゃても、なんか私がいるから。なんか凹まないでほしいっていうか。

そうまくんのこと見ている人が一人でもいるって思ったら、多分心強いと思うから、見守ってる」

「ありがとう。嬉しい」

「本当に?」

「そう言ってくれている人がいる」

「頑張って」ゆら

「よろしくね」そうま

ハイタッチ

「頑張ろう」ふたり

 

そうま×がく

「がく君、行きますか?」そうまくんががく君を誘います。

「俺も今日でちゃんと気持ちの整理がついたし、もうね、応援するしかないし、応援したいし、がく君なら、なんていうの、全然いいって」

「うん」がく

「ほんとに悔いはないから、素直に応援できる」そうま

「良かった」がく

「俺はがく君も幸せになって欲しいし、ノアのことも幸せにして欲しい」そうま

 

その時がく君は、返事がありませんでした。

唇をへの字にして、曲げてます。

そして、少しも嬉しくないような表情です。

MCからすると、これはオオカミにありがちの表情だそうです。

 

ひとみ×よしき

「いつまでも気にしてても、マサ君にも申し訳ないし」よしき

「そうだね」ひとみ

 

ゆら

「月LINE使います」

「俺、分かんないし、きてない」そうま

「誰もきてない」マリカ

 

「あれ?みんな、どうしたの?まとまって?」ゆら

「どうしたの?みんな、集まって?」ゆら

「え?」メンバー

「どういうこと?どいうこと?」ゆら

「そうまくん、一緒に遊ぼうー!」ゆら

恥ずかしくて、壁にかくれちゃったゆらちゃん

「あそぼ―」そうま

みんな爆笑です!

「サプライズ」ゆら

 

マリカ

「マリカです。月LINE使います」

「よしき、最後に一緒に出掛けたいです」マリカ

よしきくんの表情が・・・

 

 

次回予告

オオカミくんには騙されない2020夏#11

映像作品に合格すれば、マサくんの復活です。

NO,9ノアちゃんの映像作品を作ります。

 

「どういうこと?」

「ごめんなさい」この声はカイト君ですよね?

ありさちゃんが悲しい顔に・・・・?!

秘密を抱えていたのは女子!?

次回は、驚くべきことが起きるような予告がされています。

気になりますね。

 

オオカミくんには騙されない2020夏#10映像作品そうま

「俺、ノアと作品やりたかった。まだあきらめきれなかった。」

「ありがとう」

「今日の絵コンテ見てほしい」

「あ、もう出来たんだ」

絵コンテ

サーフィンの技に挑戦している。

何度も失敗する

そうまの練習姿を見つめる女性

そうま、浜に戻りミサンガを見つける

手首に付ける

そうまを見つめる女性が同じミサンガをつけている

やっと技に成功する

浜に戻るが誰もいない

海から戻るとノアはいない。

「もし俺に、まだ少しでも可能性があったら、ここは海にいて欲しいなって思って」

「全然、この通りっていうなら、海から去って行ってくれていいから」

「わかった」

 

「何かさあ、ほんとに紳士だよね。」ノア

「紳士じゃない」そうま

「いや、紳士だよ」ノア

「なんか、いつも気が重くない言葉をくれるほんとに」ノア

「自分の想いちゃんと伝えて、後悔なくこの夏は終りたいなと思って。結果はどうあれ」そうま

「ありがとう」ノア

「ノアのこと、好きに慣れて良かったわ」そうま

「忘れられない夏にしてくれましたよ」そうま

「ほんとですか、私は夏が好きになりましたよ」ノア

「最初の約束通りになった」

「最初、夏嫌いなんだよねって言ってた」

「好きな物増えた」ノア

「むしろ、成功かも」そうま

「うん」ノア

「夏、好きにさせてあげれたから」そうま

「雨が止みますように」ノア

 

そうま×がく

「作品をノアと作りたいっていうのは言ったんだけど、最後さ、ノアの答えにしようかなって思って」

「それで、いてくれなかったら、もうないいっていうか、それが一番考えさせずに出来るかなって。」

「じゃあ、言って来たんだ、今日でって」がく

「決めて貰おうかなって、思ってる」

「思う存分やって欲しいなって思ってたから」がく

「そうやってやってくれて、ありがたい。言いやすい逆に」がく

「でもライバルががく君で良かった」そうま

「うん」そうま

「俺はすっきり大人だからさあー、なんか、そう思うんだよね」がく

「良きライバルであり、良き仲間だなって思ってる」そうま

「いい奴撮ろうぜー」がく

「お願いします」そうま

「いい奴撮ろうー」がく

二人は、一度も目を合わせませんでした。

 

そうまくんの作品は「エアーリバース」に挑戦している主人公です。

ノアちゃんが見守る中、やっと成功するという技です。

「エアーリバース」とは、波の上で一回転する技だそうです。

すごくかっこいいサーフィン姿です。

さすがプロサーファーですね!

 

結果は、やはりノアちゃんは最後まで見守ってはいませんでした。

ノアちゃんは、前回でも「覚悟を決めている」とがく君に話していましたので、その言葉の通り貫いたのではないでしょうか。

気持ちが揺らぐことはなかったようです。

がっかりしているそうま君の撮影シーンは、演技ではない本当の気持ちだったと思いますので、良い映像作品が撮れたのではないかと思います。

 

オオカミくんには騙されない2020夏#10ロケ地

SURE GARDEN

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました