オオカミくんには騙されない2020夏#8ネタバレや感想やロケ地

ドラマ
スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#8は、「脱落発表1時間SP!涙のカメラロール」です。

今回のオオカミくんには騙されないメンバーの10人の内、1名が脱落してしまいます!

前回の7話の予告では、カイト君の声だったような気がしますが、結果がいよいよ今日発表されますね!

脱落してしまうメンバーは、男子5人の内の誰かになります。

1、がく

2、カイト

3、マサ

4、そうま

5、よしき

 

視聴者の選んだメンバーは誰なのか?気になりますね!

前回でも、上位3名に選ばれたのはこの3名です。

がくくん、カイトくん、マサくんです。

 

次回予告編では、3名の女子メンバーが泣いていました。

ひとみちゃんが大泣き。

ノアちゃんが落胆して、泣いています。

ありさちゃんが天を仰ぐ?

 

また、ひとみちゃんが太陽LINEを使い、マサ君を誘っています。

そこへ、よしき君も登場してきます!

この3角関係にも、最終段階のピリオドが打たれそうですが・・・

ひとみちゃんが、本当に好きなのはこの二人のどっちなのか決着がつくのかみどころです。

 

オオカミくんには騙されない2020夏#8は、「ひとみちゃんが最終的に選ぶのは誰?」

「がく君の映像作品」と盛りだくさんです。

 

スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#8「脱落者発表!」

男子メンバーの5人の内一人が、視聴者投票によって、脱落することが決定されています。

脱落トップ3は、下の順位ですから既にメンバーは決まってしまっていますが、更にこの3人の誰かという事になっています。

そうまくんやよしき君はセーフということになります。

 

脱落で無い場合は、白花火が上がり、脱落者は赤花火が上がります。

1、がく    5番

2、カイト 白 3番

3、マサ  赤 4番

4、そうま 白 1番

5、よしき 白 2番

 

マサが脱落しました・・・

マサは本当にオオカミなんですかね?

私的には、マサに落ちないで投票したので、すごーく残念です。

それに、マサを一度もオオカミだと予測していなかったので、尚更残念ですね・・・。

 

「カイトと話していると、毒があってそういうのめっちゃ好きで、毒がありながらも、すごいやさしいところがあって、仲間想いだし、本当にありがとう。マジで楽しかった」マサ

「今だって、自分が一番つらいだろうに、ずっと明るくいてくれて、正直マサ君がいない今後、どうなるかわかんないなって思っているけど、必ず会えるように、ありがとう」カイト

抱き合う二人

 

「がく君か、俺かどっちかなって思ってて、でもがく君が落ちるのも嫌だったし、俺も落ちるの嫌だったけど、でも残ってくれて良かった気持ち半分、これから率先して、みんなを楽しませていって欲しいっていうのが、あります。本当にありがとう」マサ

がく君とマサ君が抱き合います・・・

「今日もマジで楽しかった」マサ

 

「よしきとは、恋敵であり、マジでいい友達であり、よしきに対して色んな気持ちもあったし、でもずっと、友達としても好きで、よしきなら任せられるし、俺の事関係なしに、マジで楽しんで欲しい。」マサ

「どんどん、突き進んで欲しいと思ってます」マサ

「マサ君は、どんなに辛い時でも、決して辛い顔見せずに、みんなのこと気にかけて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」よしき

「ありがとう」マサ

「本当になんか、頭が真っ白になる・・・」よしき

「戻って来てください」よしき

 

「マジで楽しかった。戻って来るかわかんないけど」マサ

「でも、こっからいなくなっても、みんなは楽しくやって欲しい。楽しい時間を共有することが、自分にとって大切にしている事だから、自分抜きでもちゃんと楽しい時間を共有してほしい。」マサ

「マジでありがとう。本当に」マサ

「ありがとう」メンバー

 

”視聴者投票の結果、あなたは本日をもって、脱落となります”

という手紙を読むマサ・・・

”最後に想いを伝えたい女子を一人だけ氏名して、二人きりで話すことができます”

ひとみちゃんの所へ行き、

「時間を最後に僕にください」マサ

「はい」

二人きりになると、なぜか花火がバンバン打ちあがり始めます・・・・

余計にかなしくなる、マサとひとみちゃん。

ひとみちゃんは涙が止まらない・・・

レインボーブリッジを眺めながら、二人は眺めています。

 

「まあ、最後になっちゃうけど、映像で使う写真とか使うっていったじゃん。だから楽しい写真撮りたいな。そう思ってます」

「はい」

「なんか、最後楽しみたいなって思って、超楽しかったな、今日も」マサ

二人で、車に乗りレインボーブリッジを渡りながら

「なんか、ぺんきベタベタしたの楽しかった」ひとみ

東京駅で

「丁度真ん中で、二人でバアーってやるの」

東京タワー?スカイツリー?で

「すごい、ライトアップしてる、超きれい」マサ

流れ星ライトアップがブール―の光ですごく綺麗です。

「やー、めっちゃキレイ」ひとみ

ふたりで写メどり

「すごい楽しくて、楽しかった分・・・・」マサ

悲しい顔の表情のマサ

「あれ見る?映像に使えそうな、ひとみ先生の写真を」マサ

「止めて下さいよー、恥ずかしいから」ひとみ

「色々やったね」マサ

「ねえ、本当に」ひとみ

 

また、二人は涙が込み上げてきて、泣いてます。

今日は、1日中、マサ君もひとみちゃんも泣き通しですね・・・

マサくんのカメラロールには、ひとみちゃんがいっぱいです。

 

「本当に、気持ちに答えられなくて、ごめんなさい」ひとみ

「こっからは、全然気にせず、自分の好きなように、やってほしい。ひとみが一番楽しんで」マサ

「ひとみと出会えたのも、一緒に花火したり、一緒に撮影したり、こうやってデートもしたり、全部一番濃い思い出というか、うん、本当に楽しい思い出を作ってくれてありがとう」マサ

「いい夏でした」マサ

「ありがとう」マサ

「ありがとう」ひとみ

 

「バイバイ」マサ

マサは去って行きました。

 

視聴者投票の結果、マサ脱落・・

 

「マサは、自分が(映像作品)主人公の回は、自分が目立つのではなく、カメラマンになって、ひとみの美しさを表現したいと、ずっと写真を撮りためていたそうです」

 

今後は、「落ちないで投票」で復活できるのかですね。

オオカミくんには騙されない2020夏#8ネタバレや感想

ひとみ×ノアIN原宿

ひとみちゃんは、ノアちゃんを呼び出しで、悩みを打ち明けていました。

「久しぶりに原宿来たよ」ノア

 

「今だって、ひとみちゃん次第だから、全部」ノア

「よしきもそうだし、マサもマリカもそうだけど、ひとみちゃんがバシッて決めないと、」ノア

「なんかもうー」ひとみ

 

ひとみ×マサ太陽LINEデート

予告編

太陽LINEデートなのですが、夜デートになってます。

マサくんとひとみちゃんが会話をしていると、

「今、」

とひとみちゃんが話始めた瞬間、よしきくんが登場してきました。

「おう、よしき」

「来ちゃいました」よしき

「どうしていいか、分からない」ひとみ

というひとみちゃんの声で、予告が切れてしまいました。

ひとみちゃんは、まだ決め切れていないのでしょうか?

予告では、カイト君の声だったような気がしますが、どうなのでしょう?

 

ここから本篇

あまり嬉しそうな顔をしていないひとみちゃん。

「来てくれて、ありがとうございます」ひとみ

「呼んで頂いて、」マサ

「お久しぶりです」ひとみ

「お久しぶりです。元気してた?」マサ

「元気です」全然、元気のないひとみちゃん

「良かった」マサ

「もう、ソワソワしてたわー」マサ

「本当、ソワソワしてた」ひとみ

「(脱落発表)しあさってだねー」マサ

「怖すぎる」ひとみ

「めっちゃ淋しい」マサ

「わかる」ひとみ

 

「この前さあ、遅れて行ったじゃん。あのー作業、アトリエに、」

「そうだね」マサ

「それは、よしきが、マリカに対応LINE使っていたじゃん。そこに行くか、行かないかをすごく迷って、その日もずっと考えてて、遅れたっていう感じ、で、というのを伝えたかったのと、

と中間告白の時に、中間告白の前もずっとと迷ってたじゃん。ずっとフラフラしてて、脱落もあるし、その前に、自分の気持ちを伝えたいなっと思って。呼びました」

「はい」マサ

月LINEとかも、気持ちを伝えてくれて、嬉しかったし、中間告の時も、すぎ嬉しくて、で、その後いっぱい話したりして、楽しかったんだけど、今、気持ちが向いてる、私の気持ちが向いているのは、よしき

マサ・・・・

「中間告白の時も、お守りを渡したり、そん時の気落ちは嘘じゃないし、そう、でも本当にごめんなさい」ひとみ

「いやいやいや・・・伝えてくれてありがとう」マサ

「ひとみの意見も尊重したいと思うし、でも、ちゃんと言ってくれてありがとう」マサ

数秒して

「ごめん、ちょっと来ちゃいました」よしき

「全然もう、太陽LINEだし、」マサ

泣いているひとみちゃん。

よしき君には、話は聞こえていなかった?

しかし、雰囲気でなんとなくマサとひとみちゃんの不穏な空気は悟っています。

「なんとなくねえー」マサ

「俺、向こうに・・」よしき

「いや」

「なんとなくねえ、こないだ太陽LINE来た時に、”二人で話したい”って言われて、まあ、ある程度覚悟を決めてきたというか、よしきともちゃんと喋りたいし、よしきも俺に気を負いせずにやって欲しいし、自分が残れるとしたら、ひとみに行く。俺は」

「想いは負けたくない」マサ

よしきが頷く。

「でも楽しくやりたい」マサ

「じゃ、後は二人で」マサ

「じゃあね」マサ

「ありがとう」よしき

「おう」マサ

マサは、悲しそうな背中で、去って行きます。

よしき君も泣いている?

ひとみちゃんも泣いている?

「もう、どうしていいか、分かんない」ひとみ

よしきくんは、その間、ずーとマサの背中を追っていて、一度もひとみちゃんを振り返りませんでした。

 

ひとみちゃんは、よしき君になびいてしまったようですね。

しかし、本当はどうなんでしょう?

また、マサになびくことはないのかどうかは微妙です。

ひとみちゃんの性格ですと、短い時間の中で、本当にどっちがいいのか分からないというのが、本音そうですね。

二人の男性に熱烈に愛されているひとみちゃんですが、本気で自分が分からないという気持ちがよく現れています。

それは、マサにもよしき君にも伝わってしまっているので、二人とも引くことはないですね。

ひとみちゃんは、押しの強い男性に弱いタイプですね。

 

そうま×よしき

「今日はみんな想いよね」そうま

「みんなテンション低くない?」そうま

「そうだね」よしき

よしき君の顔を見るそうまくん。

「あ、テープないかも?」よしき

「テープある?」そうま

そうまくんがいきなり、よしき君にクラッカーをパーン!!とやる。

「わー!びっくりしたー!」よしき

「いい反応してくれるわ、毎回」そうま

 

がく×マサ

「っていうかさ、どうだったのよ?」がく

「こないだの太陽LINE?」マサ

「よくわかったね」がく

「一言でいうと、撃沈です」マサ

「え!?どういうこと?」がく

「今は、なんかよしきが好きみたいな」マサ

「マジで、マジで?」がく

「まーでもやっぱ、悪くは思えないよね」マサ

「よしきのその気持ちも、友達としてまずは尊重したいし、でもだからといって、自分の気持ちがパーと変わって、だからといって、じゃあ、幸せにっていうのは無理な話だから」

「最後、作品譲ってもらちゃって、ごめんね」がく

「いやいやいやー、今日は、マジで楽しみたいなーて思って来ているから」マサ

 

カイト×ありさ

「ここまで、どうだった?」カイト

「そうカイトさあ、月LINEとかもそうだし、中間告白の時も呼んでくれて、お話をして、でも、実際私から、カイト誘って、お話して、ちゃんとカイト誘ってお話したことなかったなーってすごい、なんか合う期間迄考えてて、すごいなんか(笑)」

「でも、なんか大丈夫、全部伝わってる」カイト

うんうんと、頷くありさ。

「でも出来れば、最後まで一緒にいたいけど、うん、落ちても後悔のないように、全部気持ちを伝えられたかなって思ってるし、もし、落ちたとしても必ず戻って来る」カイト

「絶対」ありさ

「ふふふ、あれこっちだけ?私たち?」と言って、手を繋ぐありさ

「俺、右手派だ、逆だ」カイト

席を移動して、手を組みなおすと

「そうね♡」カイト

「本当、落ちないで欲しい」ありさちゃんがカイト君の手を両手で支えました。

この二人は、本当にLOVE LOVEです!

「大丈夫だ」カイト

「ふふふふふ♡」ありさ

「大丈夫」ありさ

 

マサ×ひとみ

「ねえ、喋っていい?」マサがひとみを誘う

よしき君の目線が、二人に釘付け・・・

「いやー、この後、誰かいなくなんじゃん。なんか、その前に話したいなーって思って。」マサ

「今日あんまり、離せなかったし、落ちたとしても、自分の中では常にやり切ってるし、ひとみに楽しんで貰えればなって思ってたし、うん、悔いはないかな」マサ

「えー落ちるなんて言わないで、まだ決まった訳じゃないから」ひとみ

涙が出てきてしまいました。

「今日も太陽LINEで、自分で気持ちを伝えたけど、なんかすごい、マサがいつも通り、いつもみたいにすごい話しかけてくれるし、いつも以上に、みんなのテンション上げてくれたり、盛り上げてくれて、なんかそういうところがマサの良い所だから、すごいなんか嬉しかった」ひとみ

マサが涙をこらえています。

「なんか、そうやって、気まずくならないようにとか考えて、いつも通り接してくれるのが、すごい嬉しかった」ひとみ

「ありがとう」ひとみ

「うん・・ちゃんと知ってく・・・ちゃんと・・・」涙が込み上げてきたマサ

「だってみんな知ってるもん。マサのそういうところ良い所って。みんな言ってるんだって、やっぱ、盛り上げてくれて優しいよねって、すごい気が配れるよねって。みんな知ってるから」ひとみ

「なんか、今日も楽しくやろうとかさ、と思えたらもう・・・自分の好きな人達が、自分の本当の姿をちゃんと好きっていってくれてるから、だから、ありのままの自分で居ようってずっと思えたし」マサ

「はーあ、だから、そう言ってもらえるのは、本当にありがとう」マサ

涙が止まらないマサ・・・・

「本当に、ありがとう」マサ

 

MC意見

「人生で、一番グッとくる瞬間って、自己犠牲をして、人の為に行動した時に、それを誰かが気付いてくれた時だなって、思ってたんですよ。ずっと。まさにそれだったじゃないですか」

「見ててくれて、みんなが気付いてくれったというのが、そりゃ泣きますよね。今まで泣かないようにってずっと堪えていたんだと思うんですけど。明るく振舞ったりとか」神尾風樹

神尾風樹は、毎回観察眼が鋭くて、すごいMCです。

人の心理を読み解くのが炊けていますよね。

 

マサは本当にオオカミだったのか?

オオカミくんの人数は、何人なのか?

「どっちかが落ちるって分かってたから」神尾風樹

どっちかっていうのは、トップ3だった、がく君とカイト君のことなのでしょうか?

 

 

次回予告

よしき×ひとみ

「二人の恋愛を壊した感じ」よしき

「泣いちゃうんだけど」ひとみを支えるよしき

 

「俺が落ちるべきだったなあと思っているし」カイト

恋は、予想外の局面に・・

ということは、カイト君はオオカミだったと告っているみたいですが、どうなのでしょう?

 

オオカミくん予想

視聴者は、マサがオオカミくんと予想して、脱落しました。

マサがオオカミくんだったとして、他にもオオカミくんはいるのでしょうか?

オオカミくんは2名いると、予想していますが、他の1名は誰なのかということになります。

カイトくんはオオカミなのか?

 

私的には、こちらの二人が一回目からの予想でした。

1、そうま

2、がく

カイトくんがオオカミだとすると、もう一人は誰なのか、この二人のどちらかなのですが、両方とも怪しいので、決まらない感じですね。

 

オオカミくんには騙されない2020夏#映像作品がく

今回の映像作品は、前回の時点で決まり、がく君です。

がく君が誘うのは、勿論ノアちゃんでしょう。

ここは鉄板ですね。

がく君の映像の世界はどんな風なのか、今から楽しみですね!

 

テーマは「時間を停止させる」

「最後なんですよ、10人。みんなで居れのが」がく

「だから、今日はみんなで出ようってことをしたいなって思います」がく

「鳥肌たった」そうま

「俺も鳥肌たった」マサ

「マネキンが止まっているのがあるじゃん、今日は人力で全部」がく

「今日はね、楽しくみんなでやろうと思ってます!」マサ

マサとみんなで円陣を組みました。

マサくんがいつもに増して、明るく元気に振舞っている姿が、なんだか辛いですね。

「楽しんでやりましょう!」

「作るかー」がく

 

がく君は、海外に留学とかしている設定で、みんなワイワイ楽しんでいるところに、ノアちゃんが、がく君のことを想い、寂しく一人で過ごしています。

そこへ、一瞬だけ時間が止まり、がく君と二人で過ごすことができる時間があります。

その時、他のみんな(メンバー)は時が止まったように停止しています。

そして、また時間が動き出すというような映像です。

 

オオカミくんには騙されない2020夏#8ロケ地

ひとみちゃんが、ノアちゃんに相談していた場所はこちらです。

原宿のカフェですが、どこのカフェまでは調査中です。

原宿

 


 

THE MEETS MARINA TERRACE

〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1丁目18−11

+81432461122

がく君の作品映像はここでやりました。

「ナシゴレンでもでてきそうだね」そうまくん

 

 

お台場海浜公園

マサ君脱落が決まり、ひとみちゃんと、最後のデートを始める場所として、レインボーブリッジを眺めながら、会話をした場所です。

東京駅

マサ君が、ひとみちゃんと映像作品を作る為に、二人で飛び跳ねた場所です。

ここは、東京ラブストーリー202年版でも撮影された、定番の場所でもあります。

夜の東京駅が綺麗な場所ですね。

 

東京タワー

マサ君とひとみちゃんが、最後にデートした場所です。

ここでマサ君が「バイバイ」とひとみちゃんと別れました。

東京タワーまたはスカイツリー?かもしれないです。

夜景的には、東京タワーのようでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました