オオカミくんには騙されない2020夏#7ネタバレや感想やロケ地

ドラマ
スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#7話は、よしき君が太陽LINEを使い、マリカちゃんとデートをすることから始まります。

二人のデートが、どんな展開になるのか楽しみです!

高校3年生どおし、どこに行くのかも注目したいですね!

また前回では、ひとみちゃんが複雑な表情をしていたのも気になるところです。

 

他のメンバーは、ゆらちゃんがそうまくんに揺れ動いている展開もどうなっていくのか見どころです。

 

スポンサーリンク

「オオカミくんには騙されない」2020第7話ネタバレ・感想

よしき君×マリカ 太陽LINEデート

「おはよう」

「なんかスゴい」

マリカちゃんが、白のワンピを着て登場してきました!

天使のように可愛いマリカちゃんがヤバいです!

よしき君の妖精みたいっていう表現もいいですね!

 

「すごい、白で妖精みたい」よしき

「妖精?!」マリカ

「すごい、綺麗~」よしき

「ありがとう♡」マリカ

 

 

「めっちゃ、びっくりしたんだけど」

「何が、LINEびっくりした?」

「色々考えちゃった、どういう、何で使ってくれたんだろうなって」

「行きたいところがあって、呼びました」

「ありがとうございます。呼んでくれて」

「行こう」

「初めてこの撮影の前に寝れなかった」

「あ、マジ?」

 

「どっか気になる?」

「それは気になるでしょ?」

「何ていうかな?縁起がいいって言うか」

「縁起がいい?」マリカ

 

「あっ痛った!!」

二人で歩いていると、松の葉が刺さるよしき君、爆笑です!

「大丈夫?」マリカちゃんも笑っています。

 

「まあ、お互い受験生じゃん、だから合格祈願の為にちょっと」

「え、勉強系?」

「そう、ここに来れば間違いない!」よしき

「投げましょう」よしき

「これで、大丈夫?」マリカ

「大丈夫、受かります」よしき

合格祈願をして、絵馬を二人とも書きました。

 

 

恋みくじを引く二人

「恋みくじなんて、何年ぶりに引くんだろう?」よしき

「初めてかも、私」マリカ

「心の準備は?」よしき

「ドキドキする」

「いくよ」よしき

 

「これ、恋愛の事どこに書いてある?」よしき

「これ、全部恋愛の事」マリカ

「そういうこと?」よしき

「どこに書いてあるの?」

「これ」

 

「会おうにも会えない関所があるのです。超えて行きます、手を取り合って」よしき君のおみくじ

 

「難しなー」

「すごいよ」マリカ

 

「孤独の想いに泣かないで待ちなさい。思いがけず良い人が現れます」

マリカちゃんのおみくじ

「これ当たったらさ、怖いなー」マリカ

「それはいいんじゃない、待ってれば来るんじゃない?」よしき

 

おみくじの内容が、まるで今後の二人を暗示しているかのようなメッセージですね。

おみくじって偶然にしても、すごい的を得ているので驚きます。

 

よしき君のおみくじは、困難はあるけど、最終的にはカップルになれるっていう解釈にも取れますし、結果はHappy endを暗示しています。

 

 

よしき君のおみくじは、困難はあるけど、最終的にはカップルになれるっていう解釈にも取れますし、結果はHappy endということになる暗示です。

 

マリカちゃんのおみくじは、今は片思いで悲しい状況かもしれないですが、他に良い人が現れます。というような内容です。

それは、相手がよしき君ではなく、他の人が現れるという意味にも取れますね・・・。

 

 

 

「今日もう一つ呼んだ理由が、俺の気持ちをしっかり伝えたいなっと思って、だからちょっと二人だけの時間を設けて、向き合いたいなっと思って、今の俺の気持ちをしっかり言いたかった」

「ありがとう」

「前回さ、マリカが俺を幸せにしてあげたいみたいな、行ってくれたじゃん。あれが、すごい嬉しくて、それ言われてから、マリカの事が今までより、気になるというか」

「嬉しい、ありがとう」

「でも、マリカの素直にしっかり伝えてくれるところも、嬉しけど、今はひとみちゃんのことが好き」

「でも、なんか、マリカといる時の方が一番、自然体でいれるっているか、楽なの、一緒にいて」

「一番、自然体でいられるから、変に気を使いたくないし、これを言わないと後悔するなってことは俺もマリカにも言うし、ひとみちゃんにも言うし、他のメンバーにも言うし、だから言いたいことは言える時に行ったほうがいいよ」

「私も、そのままの気持ちをこれからも伝えたい。全然まだ、終わったと思ってないから。頑張ります。もっと、見て貰えるように」

「ありがとう」よしき

 

やっぱり、まだよしき君はひとみちゃんを諦めてはいなかったんですね。

けれど、ちゃんとマリカちゃんに自分の気持ちを伝えることをしているので、誠意がありますね。

マリカちゃんは、本当に綺麗で芯も強く、素敵な女の子なので、いい恋愛をして欲しいです!

 

 

 

ノア×そうま

 

作業現場では

この日、ひとみちゃんが遅刻しただけなようですが、いないことにみんながざわついていました。

「なんで、ひとみちゃんいないの?」ノア

「俺も遅刻してきているのかなって、ずっと思ってて」そうま

「いや、違うでしょ?」ノア

 

マサ×がく

マサが心配して、ひとみちゃんがいないってことは、

「マジ、何してるんだろうね?」マサ

「3人でいったってことじゃん」マサ

「超心配、めっちゃソワソワしてる」

「正直、ひとみの気持ちが今どうなのか?見えていない部分があって」

「好きですって言ってもらえて嬉しかったのと、でもそっからちょっと期間が空いて、多分また考えることもあっただろうし、ひとみの気持ちが実際の所どうなんかなって、気になってて。まあ、不安があったりとか、したから」

「そうか」がく

 

「逆に、そうまとノアが作業しているけどさ、その辺に関しては心配?」

「まあ、心配っちゃ、心配だけど、あのー、あんまり、そういう、なんつーの?邪魔はしたくない主義なんで、どっちかというと、それで流れるんだったら、流れて貰って、取り戻しに行きますし、」

「そうねー」

「あっ、敗れちゃった」

紙の花づくりをしていたマサ、心ここにあらず状態な様子です。

「やっぱ、ソワソワがここに出ちゃってるよ、ほんまに」マサ

「心の乱れじゃよ」がく

 

遅刻して、ひとみちゃんが登場してきます。

「え、どういうこと?」がく

「来た」マサ

 

 

カイト×ありさ×ゆら

「お家から来たのかな?」ありさ

「お家からきた?」カイト

「お家から来たのか?太陽LINEからきたのか?」ありさ

「あーあ」カイト

「もし、太陽LINEだったら、みんなで来るよね?」ゆら

「うん」カイト

 

ひとみ

「髪を巻きすぎて、時間かかっちゃった?」カイト

「ちょっと、巻きすぎて~」ひとみ

 

 

ひとみちゃんは、単純に遅刻してきただけでした。

よしき君とマリカちゃんの太陽LINEデートに行ったわけじゃなかったようです。

みんなメンバーは安堵しました。

 

ひとみちゃんは太陽LINEに「私も行きたいです」とか、そのような返信もしていないので、突然行くっていう行動はしないと思っていましたが、メンバーの一部では、二人のデートにいったと思っていました。

 

よしき×ひとみ

作業している時に、よしき君がひとみちゃんのところへ行きます。

「なんか、大丈夫?」

「なんか、懐かしい。こういうの楽しい」ひとみ

「なんか、幼稚園生の時に、めっちゃやった気がする」

「そうそう、そういう感じ。楽しいー」

「二人で話せる時間、もっとあればいいなっと思って」よしき

 

じーっとよしき君の顔を覗き込むひとみちゃん。

やっぱり、まだよしきくんのことも気になっている様子です。

 

「次、脱落じゃん、だから今日の内にもっと思い出を作って」よしき

「復活もあればいいけど、できればいいけど」ひとみ

「初日から、仲良かったし、」よしき

「仲良かったよね、めっちゃ仲良くなったよね。話せたよね、5人でね」ひとみ

「話しましたね」

「めっちゃ緊張していたでしょ?」ひとみ

「緊張していた」

「ずっとこうじゃなかった?」ひとみ

よしき君の真似をして、緊張状態の態勢をとるひとみちゃん。

「あっ、そうなんですね」ひとみ

「いい子だなーと思って、いい子っていうのが、すごい分かった」ひとみ

「ありがとうございます」よしき

「素直そうってかんじ」ひとみ

「なんか、柔らかい雰囲気になってきた」ひとみ

「あの時もっと、ひとみちゃんと話しておけば良かったなって思ってる」よしき

「話してないよね」ひとみ

「話してない」

「あの時5人で話しただけだもんね」ひとみ

「まあ、俺はもう変わることはないんで」

本気で恋愛しているんで

マジで

 

よしき君は、今日マリカちゃんと太陽LINEデートをしてきましたが、ここでひとみちゃんに本気だとアピールしましたね。

やっぱり、よしき君はひとみちゃんが好きなんですね。

マリカちゃんには、礼を尽くしたということでしょうか。

マリカちゃんの気持ちにきちんと答えたというか、そういうデートだったみたいです。

よしき君は、ひとみちゃんに猛プッシュかけたことになりますね。

ひとみちゃんの気持ちは???

 

ひとみちゃんは、マサ君が好きっていいましたが、まだよしき君にも未練があるように見えます。

ひとみちゃん次第で、大きく変わりそうです。

マサくん、よしき君、まりかちゃんの4角関係はどうなるのか?

そのカギはひとみちゃん次第になりそうです。

 

 

カイト×マリカ×ありさ

「よしきは、今の自分の気持ちを伝えてくれたわけでしょ」カイト

「そのためにわざわざLINE使ってくれて、」マリカ

「気持ち的には、自分の」ありさ

「私は変わらないけど、それは向こうも一緒じゃん。よしきはひとみちゃんといる時間が欲しいわけじゃん。だから、私がよしきのことばっか誘っていたら、よしきはひとみちゃんと向き合えなくなっちゃうし、だから、どのくらい素直に動いていいか分からないかな。」マリカ

「大人すぎだ、めちゃくちゃ・・」ありさ

「飲み物いる?お茶?」カイト

「お茶、ありとう。お任せします」マリカ

 

ありさちゃんが、マリカを見つめる。以下

マリカちゃんが涙ぐんでしまう・・・・

「大人だよ、本当に、なんかさ、今までもずっと結構、よしきが幸せでいてくれたらいいみたいな感じで、マリカちゃん、ずっと動いていたじゃん。」

 

「全然・・・」マリカちゃんが涙が溢れてしまって、涙が零れる。

ありさちゃんが、マリカちゃんの肩に手を回し、側に寄り添う・・・

 

 

「そうやって、他の人のこともちゃんと考えられてさ、すごいよ。本当に・・・」

この場面は涙が溢れてくるような、共感シーンです。

 

ありさちゃんが、マリカちゃんの頭をよしよし撫でます。

「もうすぐ、お昼だよ・・」ありさ

マリカちゃんは、鼻に手を当てて泣いています。

「いっぱい、食べよう」ありさ

「ありがとう・・」マリカ

マリカちゃんの肩を抱きしめるありさちゃん・・・

 


最年少17歳のマリカちゃんは、歳の割にはすごく気遣いが出来る女の子で、優しい女の子ですね。

そして、優しいということは強いということでもあるので、本当に性格も容姿も美しい。

 

また、ありさちゃんもすごく優しいし、思いやりのある女子ですよね。

カイト君も同じく気遣い男子でした。

 

 

 

 

次回、視聴者による、オオカミくん投票の発表があります!

オオカミくんだと思われた1名が脱落します。

脱落者の「落ちないで投票」は、今回の映像作品が、世界中の人の審査を得て、完成した場合のみ、開票されます。

脱落したメンバーが再び映像作品に参加できる条件は、「落ちないで投票」が叶った場合のみです。

 

次回の映像作品は、脱落発表直前に行う主人公は、メンバーで決めます。

 

「男子メンバーの中から、やってない人がやるかな」カイト

「がく君か、マサ君じゃない?あのトップ3入ってたじゃん。」カイト

 

「どうする?公平にじゃんけんとかにしよ」がく

「でも、がく君、先やりなよ」マサ

「いつも中心になってやってくれてるし、がく君のがちゃんと取れたらいいな。個人的には、だから、先に」マサ

 

「本当にいいの?撮りたい人いるでしょ?」がく

「でも、まあそこは、自分が撮りたい作品があるけど、ここは自分よりも先にがく君を撮って、の方がいいのかなとちょっとこう、思ってた」

「うん、じゃあ、俺やらせてもらうよ」がく

「もちろん」

「ありがとう」

握手する二人

 

「楽しい思い出作ろう!」マサ

「じゃあ、落ちんなよ」がく

「落ち・・・ないしょ!」マサ

 

マリカちゃんが泣いています。

 

 

「がく君のって決めたんだったら、しっかりねえ、今までみんながく君が引っ張ってくれた分、恩返ししないと」カイト

 

がく君も泣いてる?帽子を目まで被せています。

 

「めちゃくちゃ好きだなって、みんな、改めて思った。なんかずっと好きだな、なんか10人が。」ありさ

 

「準備しよう、準備」ノア

「やろうー」

 

カイトくんが泣き出してしまったーーー!

よしき君が肩を支えてー

そうまくんがカイト君を、後ろから抱きしめています。

「弱いんだ、こういうの」カイト

 

 

「頑張りましょう!楽しもうー!」

みんなで円陣組みました。

「お願いします!」がく

パチパチパチーみんなで拍手!

 

 

よしき君やそうまくんって、包容力が高くて優しいですね!

スキンシップ力も高めです。

みんな良いメンバーなんでしょうね。

 

 

オオカミくんには騙されない2020夏ー次回は?帰り道編

カイト×そうま

 

「カイトが泣くからさ、俺もつられそうだったよ」そうま

「泣かないと思ってたんだけどね。まだ、あるから」カイト

ここで、LINEが鳴ります。

「おおー、なんでいきなり?」カイト

 

ゆら×ノア

「えーー!」ゆら

「なんで?」ノア

「なんで今?」ゆら

 

 

「よしきも見れるってことでしょ?」ノア

「なんか探ってんのかな?」ゆら

「やー分かんない」ノア

やー、なんだろう?ひとみさー、」ノア

 

マサ×がく

「え?ひとみ!」マサ

「誰に使うかだよね?」マサ

 

 

「あ、ダメだよ」がく

「ダメだよ、見ちゃ」がく

「マサ、二人で話がしたいです。か」マサ

「良かった、良かったけど、どういう話か怖い。月LINEじゃないじゃん」マサ

よろしくお願いします」マサ返信

 

 

ひとみ太陽LINE

「ひとみです。太陽LINEを使います」

「マサ、二人で話がしたいです」

 

 

マリカ×ありさ

「誰に使うかだよー、どっち?」マリカ

 

 

よしき

「このタイミングかあー」よしき

天を仰ぐよしき・・・

 

 

次回は脱落発表!

「もうどっちにしようとも、覚悟は決まってる。怖いけど」ノア

 

「俺、危ういなって思ってるから、自分が」マサ

 

「必ず戻ってくる」カイト?

声がカイト君ですよね?

ということは、脱落者はカイトくん?!

カイトくんがオオカミ予想1位?

 

ひとみちゃんが大泣き。

ノアちゃんが落胆して、泣いています。

ありさちゃんが天を仰ぐ?

 

脱落者はカイト君?

がく君とマサはどうしたのか気になります。

 

 

オオカミくんは、誰なのか?考察

マサ君が、がく君に映像作品を譲ったことを考えると、この部分でオオカミが誰か分かっているから譲った?もしくは、オオカミが自分だから譲ったとも考えられますが、がく君とマサ君はオオカミが誰かもう分かっているような雰囲気でしたね。

ということは、この二人のどちらかがオオカミということで間違いないのではないかとも考察できます。

回が進むごとに、オオカミが誰なのか複雑化してきます。

最初の直感では、がくくん、そうまくんだと思っていましたが、カイト君が途中から怪しくなりました。

オオカミくん1位・・がく

オオカミくん2位・・カイト

そうまくんはオオカミじゃない?

マサはオオカミくん予想されていますが、メンタルリスト系では、オオカミ要素がないんですよね。

 

次回もお楽しみに!

 

 

「オオカミくんには騙され「頑張ろう」映像作品#5ゆら

ゆらちゃんは、そうまくんを相手役に選びました。

 

「相手役をそうまくんにお願いしたい」

「マジか、嬉しいー!初めての作品だから、楽しくやろ」

「今日は、ゆらのことだけを考えて欲しいなっ♡」

「ホントにー」

「一緒に撮るときだけでもいいから、一回考えて欲しい」

「ちゃんと考える」

「ありがとう♡」

「何でもやります」

「ありがとうー、助かる」

 

コマ撮りの可愛らしいショットを重ねた、ゼクシーのような作品で素敵でした。

何かのドラマでも、オープニングで使われているような手法です。

二人がアルミ系の風船を手に取って、空に上がって行くような可愛らしい作品で、地上から、太陽と虹、夜は三日月と星というような、素敵な映像作品でした。

 

「オオカミくんには騙されがいいなって」2020第7話ロケ地

よしき君がマリカちゃんを誘って太陽LINEデートした場所は?

学問の神様で知られている、通称、湯島天神です。

二人は高校3年の受験生ということで、よしき君がマリカちゃんのことを考えた、高校生らしいデート場所でしたね。

 

湯島天満宮

〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目30−1

TEL 0338360753

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました