オオカミくんには騙されない2020夏#5ネタバレや感想やロケ地

ドラマ
スポンサーリンク

オオカミくんには騙されない2020夏#5は、いよいよ”中間告白”となりました。

誰が誰に告白するのか見どころですね!

 

ノアちゃんが告白するのは、がく君?それともそうま君のどっち?

「私も好きです」

マサくんが告白するのはひとみちゃん?

ひとみちゃんが告白するのは、マサくんまたはよしき君?

 

カイトくんはやっぱり、ありさちゃんへ?

マリカちゃんが告白するのは、マサ君またはよしき君?

ゆらちゃんは、やっぱり本命カイトくんへ?

がく君もそうま君は、そのままノアちゃんに告白するのは鉄板?

よしき君は、ひとみちゃんに振り向いてもらえる?

 

今夜の「オオカミくんには騙されない2020夏#5」は見逃せないですね!

 

スポンサーリンク

「オオカミくんには騙されない」2020第5話ネタバレ・感想

「オオカミくんには騙されない」2020第5話の放送は、今夜22時スタートです!

しばらくお待ちください。

 

マリカ×よしき

マリカちゃんが太陽LINE

「マリカです。太陽LINE使います」

「よしき、相談したいことがあるので、アトリエの外で会いませんか?」

 

「あそこに美味しそうなかき氷があるから、行かない?」

「いちご派?マンゴー派?」

「ブルーハワイ」よしき

 

「なんで、太陽LINE使ったの?」

「そうだよね、私さ、ずっとマサ君でいってて、みんなにも、自分もそう思ってたし、なんかマサ君って全然さ、感情を出さないって言うか、分かんないから段々気持ちが薄くなってて、そのもう一人の気になっている人、これから自分の中でもっと好きになりそうだなって思って、それがよしきだったから」

「俺?びっくりした」

「よしきも最近、ひとみちゃんと仲良くなってきて、嬉しいけどなんか気になるなって思って、ひとみちゃんと仲良くなるのが、それで、なんか友達としても好きだけど、そういう相手としても気になっているのかなって思ったの、そう」

「ありがとう」

 

かき氷がすっかり溶けてしまっていた。

「食べる?もう、飲んだ方が早い気がするんだよね」

一気飲みするよしき君、飲んでからGoodサイン。

飲みほしたよしき君を見て、マリカちゃんが笑顔に。

 

マリカちゃんがよしき君のことが気になり出したと告白したデートでした。

 

マサ×ひとみ

月LINEを使いました。

「マサです。月LINEを使います」

 

「ここで攻めにきたか」がく

「マー君、太陽より先に月LINE使ったの?」そうま

「うん」がく

「勝負に出ようとしてんだよ」よしき

 

「ひとみ、今日の夜、会って貰えませんか?」

 

「今日はこちらをやりたいと思って、こないださー花火やりたいって、花火出来なかったじゃん、他の人たちやっていたけど、だから二人でやりたいなーと思って、買って来た」

「えーすごい!」

「もう今日は好きなだけできっか」

「めっちゃ嬉しいー」満面の笑顔のひとみ

「そう、やりたくて」

 

スカイツリーの見えるそばで二人花火大会!

「どれやりたい?」

「この瞬間をメモリーしちゃおう」

「そっそく、それやろうよ」

 

「ヤバい、俺汗すごいわ、色んな意味で」

「俺は、こないだの時に自分の気持ち、が、すごい深まって、で、気づいたことがあって、その好きな人がさ、他の人と喋っていると、あ、頑張らなきゃって、もの凄い胸がちょっと苦しい感じになって、これ、めっちゃくっちゃ好きだなみたいな感じで思ってて、そう、だから今は、ひとみの事がめっちゃ好きなんだ」

口を押えるひとみちゃん

「暑っ」タオルで汗を拭くマサ。

「カイト君とゆらの太陽LINEの時も、マリカの方に行ったから、えってなったし、」

「はいはいはいはい、あんの時は、よしきがひとみと喋りたいっていって、男子メンバーもめちゃくちゃ大好きだから、友達としても、だから話す機会とか邪魔したくないし、で、よしきがひとみに話に行ったときに、ちょっとこう、嫉妬じゃないけど、ちょっと思った逆に」

「そうなの?」

「そこで、なんか、自分がそんな欲張りだったのに、気づいた。うん。って気持ちです。僕は今」

「はい、ありがとうございます」ひとみ

「ほんとに、考えます。ほんとに」

「はい」

「めっちゃ、モヤモヤしてたから、気になる人誰?」

 

 

「オオカミくんには騙されない」映像作品#3よしき

「オオカミくんには騙されない」NO#3の映像作品はよしき?

 

「何キロも走るの?」マサ

「本当の汗をかきたいんだ」よしき

がく君が自転車で先導して、よしき君がランニングしているシーンが出ています。

 

今回はよしき君の映像作品となりました。

相手役はひとみちゃんです。

 

よしき君は野球をやっていたので、キャッチボールをしている所に、ボールを

取ってくれたのがひとみちゃんという設定です。

その時に、ひとみちゃんは財布を落として行ってしまいます。

そして、よしき君が財布を届けに何キロも走り続けて、やっとひとみちゃんを見つけて財布を渡すことが出来たというストーリーです。

そして、携帯で走った記録を見ると、そこには♡のマークになったランウェイの後が・・・

感動でひとみちゃんは、涙ぐんでいました。

 

よしき君、爽やかですよね!

体育系男子の爽やかさとハートがダイレクトに伝わってくる作品です。

このハートのGPSを描くために、よしき君は気温35度を超える炎天下の中を合計で12キロ走ったそうです!!

12キロって、校内マラソン大会でも走らない距離ですね。

男子は平均10キロというところではないでしょうか?

しかも炎天下ということで、よしき君の体力すごいです!

 

赤いお守りタイム

女子が男子に、残って欲しい相手にお守りを渡すというシーンです。

ありさ→カイト

「カイト君がオオカミじゃないって、信じてます。というお守りを良かったら貰って下さい。

最後までこの夏、落ちないで思ってます。ありがとう」

 

一瞬、真顔になるカイト君、笑顔からの切り返しが・・・・

こういう部分を見るとオオカミ感が出てくるので、ちょっと不安ですね・・・

カイト君はオオカミなのか?・・

 

 

マリカ×よしき

「繋いでくださいっていう、よしきに一番落ちて欲しくないから。」

「ありがとう」

「こんなのあったんだ、ありがとう」

「今日めっちゃ、応援してくれてたじゃん、めっちゃ嬉しかったわ」

「応援したかったから、お疲れ様です」パチパチパチパチ

「ありがとう」

「自分がよしきの事好きなんだなって分かったし、最後まで一緒に出来たらいいなって思って」

「ありがとう」

「気持ちは伝わってくるから、ありがとう」

 

カイト×ゆら

 

「なんか、今日、中間告白じゃん。落ちないでっていうお守りをカイト君に渡したいなって思って、落ちないで欲しいから」

「ありがとう」

「カイト君の気持ちは分かっているから、今日はその大きな区切りだと思っているから、ほんと、最後の最後に思いを伝えた。伝えました。」

「ありがとう」

「こういう形で、気持ちを伝えて貰えたのは、すごく嬉しいから、ありがとう」

「カイト君を嬉しい気持ちにさせられたのは良かった」

「ありがとう。もう十分嬉しい」

「ほんとに」

 

※ひとみちゃん、ノアちゃんは、ぎりぎりまで考えるという事で、この場で「お守り」を渡していません。

 

「オオカミくんには騙されない」中間告白

 

カイト×ありさ

「第一印象の時から、なんだろう、気持ちはずっと変わってなくて、俺はありさちゃんのことが好きだから呼びました」

「ありがとうございます」

「で、この気持ちは今後も大きくなっていくんだなあって、いう風に感じてます。」

「ありがとうございます」

「俺は、オオカミくんじゃないので、最後までついて来て下さい」

あれ、カイト君一瞬、右に目が反れました。

カイト君はオオカミなのかも?・・・

ここにきて、カイト君はオオカミなのかも疑惑が出てきました。

 

そういえば、カイト君は太陽LINEも月LINEも使っていないですね。

かなり怪しくなってきました。

もし、カイト君がオオカミくんだったら、ありさちゃんはショックでしょうね。

ありさちゃんは、そのまま疑わずに最後まで行ってしまいそうです。

カイト君は、ありさちゃんが好きだと言ってますが、デートには誘わないですよね。

かなり怪しいです。

 

「信じます」ありさ

「すごい、最後まで一緒にいたい」

「俺も嬉しい」

「最後までお願いします」ありさ

「お願いします」カイト

 

 

女子メンバーが待機しているところで・・・

ゆらちゃん、「胸が痛です」

泣き出してしまったゆらちゃん。

「ありちゃんに、泣いている所、見られたくないからさ。普通に幸せになって欲しいし」

 

 

がく×ノア

「俺はノアと過ごす時間が多かったと思うし、その時間も本当に楽しかったと思う。思ってて、何より二人でいる時、何より二人でいる時、いやすかったというか、ノアのことが好きです」

「オオカミくんじゃないので、信じてください」

瞬きが多いかな?

唇を噛み締めるところがやっぱりどうなのだろう?

「私は、正直ががく君のことは、言葉じゃ分からなくて、なんか本当に思っているのかなとか、すごく疑心暗鬼になっていたんだけど、月LINEのデートの時にがく君が、なんか本当は人見知りなのに、なんか私にたくさん話しかけてくれたりとか、積極的に色々してくれて、すごい嬉しかったです」

「こちらこそ、ありがとう」

「私も好きです」

「マジで?」

えーーー?みたいな反応のがく君。

 

「いや~本当?」

「私にとって、がく君は本当にいてくれないと困るので。良かったら、貰ってください」

「ありがとう」

「落ちて欲しくないから、お守り」

「いや~、本当にいいんだ、俺で?いいの?まだ信じられないとこあんだよなー、なんかなー」

「ノアが信じられないんじゃなくて、不器用だからさ、すげー悩ませちゃったと思うんだよ」

「本当に、すっごく真剣に考えたから、絶対間違ってないと思う」

「えー、落ちないし、ちゃんと好きだから、大丈夫」

「信じてます」

「ありがとう」

 

「どうだった?言いたいこと言えた?」

「ちゃんとハッキリ言えた」ノア

「お疲れ様」

 

ノア×そうま

 

「初対面からノアのことが気になっていて、ノアのことが、二人でいる時間とか、他の子より多くて、最初は気になるだったけど、どんどん一緒に話していくうちに、好きだなーと思って、これからも一緒に楽しい時間とか一緒に話せたらなーって思ってる。」

「オオカミくんじゃないので、信じてください」

 

そうまくんは、やっぱり瞬きが多いし、下唇を舐めました。

二度目の「オオカミくんじゃないので、信じてください」ですが、そうまくんは、オオカミくん確定だと思いますね。

 

「なんか私の中で、やっと気持ちが定まって、今はがく君のことが好きだから、ごめんなさい。ありがとう」

 

「まあ、すぐには忘れられないから、忘れるまでは好きでいようと思う」

「ありがとう、来てくれて」

「こちらこそ、ありがとう」

 

 

ひとみ×マサ

 

「ひとみの中でも、自分の中でも、この2,3日ぐらいで色々あったと思うし、ひとみも悩んだりあったと思う。だけど、昨日も伝えたけど、色眼鏡なしに好きです」

「自分はオオカミじゃありません」

 

個人的には、マサくんはオオカミじゃないと思います。

マサはオオカミくんじゃないに、確定ですね。

 

「私も好きです。今一番落ちて欲しくないなって思うのは、マサなので、これを受取って欲しいです」

「いあや、本当に嬉しい。正直、よしきの姿を見て、マジで本当に感動していて、でも自分の気持ちは正直にひとみが好きだから、これからもずっと、一緒に居たいと思います。」

左手を差し伸べるマサ。

手を繋いだ二人

 

 

ひとみ×よしき

「ひとみちゃんの第一印象は、すごく綺麗な人だなって思っていました。それから、ひとみちゃんのことをもっと知りたいなっと思って、気づいてたら目で追ってました。」

「好きです。これからも、ずっと、ひとみちゃんのことを思っていたい。僕はおおかみくんじゃありません。だから信じて下さい。」

「信じてます。なんか、よしきはすごい、いつも言葉で伝えてくれて、それがすごく嬉しかったし、今日の映像作品の走っている所とか、すごくカッコ良かったし、その完成したのを見て感動したけど、今うちが一番気になっている、落ちて欲しくないなっって思うのはマサです。ごめんなさい。」

「すごく悩んだと思うし、すごく辛かったと思う。でも、しっかり考えてくれてありがとう」

「泣かないで」

「ごめん、泣くつもりはなかった。泣きたくなかったけど、でも、本当に嬉しかったのは事実だから・・・ありがとうごじます。じゃあ・・」

 

よしき君が目に手を当てて、涙が流れるのを抑えながら手を覆い隠している姿が、本当に辛かったですね。

ひとみちゃんも、究極の選択を真剣に考えて出した答えで、辛い姿でした・・・。

マサ君もよしき君も素敵な男性なので、本当に悩んだのではないでしょうか。

一人の女性を二人の男性が本当に愛しているという狭間で、こういう結果が生まれるのは仕方ないですが、どういう結果であっても、どちらにも幸せになってほしいと願うばかりです。

リア恋、辛いシーンではありますが、すごく美しくて、素敵なシーンでした。

 

 

 

よしき君もオオカミじゃないと第一回目から思っていますので、オオカミくんは誰なのかですが、

 

1、そうま

2、がく

3、カイト

ここにきて、カイトくんが怪しくなりはじめています。

オオカミくんは3人もいないと思うのですが、この3人はオオカミ要素が強いですね。

 

第一回目から、この二人だと思っていましたが、

1、がく

2、そうま

でしたが、カイト君が怪しいです。

オオカミくんが一人なら、そうまくんがオオカミくん。

二人目は、どちらか悩みますね。

がく君だと思っていましたが、カイト君も怪しいという感じです。

 

カイト君の第一回目のありさちゃんへ告白したときの映像を見直すと、カイト君の仕草はやっぱり不自然?

・頭を引っ込める

・うつむく

・首をかしげる

カイト君はオオカミなのかも?

ということは、がく君はオオカミじゃない?!

 

第一回目のがく君のひとみちゃんへのアプローチで、「オオカミくんじゃないですか?」の質問で、がく君は「多分?」と言っていたので、オオカミくんだと思ってしまいましたが、がく君は緊張しやすい性格なので、オオカミに見えてしまったのかもしれない。

そして瞬きが多いので、嘘を付いている場合と緊張している場合で、判断が鈍ってしまったのかもしれませんが、カイト君がオオカミに見えてくると、がく君は違うのかもしれないですね。

ということで、

現在のオオカミくん予想は?

1、そうま

2、かいと

3、がく

順位が変動しました。

がく君のおおかみくんが完全消えたわけではないですが、今回は予想が変わってきました。

 

 

「オオカミくんには騙されがいいなって」2020第5話ロケ地

マリカちゃんとよしき君の太陽LINEデートはこちらのカフェです。

マリカちゃんがマンゴー味のかき氷で、よしき君はブルーハワイのかき氷を食べてました。

CAFE&BAKERY MIYABI

 

 

 

オオカミくん予想・落ちないで投稿

・オオカミくんには騙されない2020夏のオオカミくんは誰?

・オオカミくん予想されたメンバーに復活して欲しいメンバーは誰?

に、一人一票ずつ投票することができます。

 

投票してみたい方は、↑をクリックすれば公式サイトに入れます。

期限は、2020年9月13日23:59迄

 

あなたの1票で変わる10人の恋の行方「オオカミくんには騙 …

 

オオカミくんは1名しか投票できないので、オオカミくんは一人なのでしょうか?

私的には2人だと予想していますが、投稿は一人のみです。

 

「オオカミくんには騙されない」次回#6は?

「まあ、でも俺は変わることはない。本気で恋愛しているんで」よしき

 

「そうまとノアが作業しているだけど、心配?」マサ

「それで流れるんだったら、取り戻しに行きますし」がく

 

「ひとみの気持ちが気になってて」マサ

 

「俺が落ちるような結果に・・」カイト

マリカちゃんが泣いている姿が・・・

「え?本当にいいの?本当にいいの?」がく

ノアが泣く

「俺はもうダメだ」この声は誰?

そうまくんの声に聞こえましたが・・・

果たして・・・

 

次回、カイト君は脱落する?

そうま君も?!

「オオカミくんには騙されない」も後半になりました。

次回も楽しみですね!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました