環水平アークとは?【画像】2020/6/26東京上空に虹色の雲!

ニュース
スポンサーリンク

「環水平アーク」が、2020年6月26日東京の空に出現しました!

環水平アークとは、どのような現象なのでしょう?

虹色の雲が美しく、輝いています。

「環水平アーク」の出現を見た人の画像をまとめてみました。

鮮やかで、とても綺麗です!

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

環水平アークとは?

「環水平アーク」とは、氷の粒で出来た薄い雲によって太陽光が屈折することで虹色に見える現象です。

 

 

太陽が高いときにだけ出現

色づいている雲は、周囲に見える雲よりも高い所にあるとみられます。

このような上空高い所にある雲は、水滴ではなく小さな氷の粒が空に浮かんでいる状態です。この氷の粒がプリズムの役割をして、波長ごとに光が分けられることで色が分かれて見えています。

 

雨上がりなどにできる虹は太陽を背にした側(太陽と反対側の空)に見えますが、環水平アークは太陽と同じ方向の空の低いところに見えるのが特徴です。太陽が高く昇っている時間帯にしか見えないので、冬場はお目にかかることができず、見えたら少しラッキーな現象です。
朝は曇っていた関東でも、このように青空が見え始めているところがあります。朝の涼しさから一転して、昼間は30℃前後の蒸し暑さとなる予想です。熱中症に警戒するようにしてください。

 

 

【画像】東京上空に虹色の雲!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました