浜崎あゆみの元カレ内山麿我(まろか)がホームレス~建設作業員に

歌手・ミュージシャン
スポンサーリンク

浜崎あゆみの元彼ダンサー、内山麿我(うちやままろか)氏は現在、建設作業員をしているそうです。

ホームレスや渋谷区議会議員選挙出馬表明など、様々な経歴がある人ですが、浜崎あゆみと同棲していた当時は、不倫だったことで破局しています。

浜崎あゆみは、今「愛すべき人がいて」のドラマが放映中で、マサこと松浦勝人会長との恋を語っていますが、過去には元彼ダンサーの内山麿我(うちやままろか)氏と付き合っていた歴史がありました。

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

浜崎あゆみの元カレ内山麿我(うちやままろか)出馬表明

 

元カレの嫌がらせは自爆に
YouTubeでホームレス告白の、浜崎あゆみの元恋人。通常なら隠すはずの「恥」の部分をわざわざ公開。死なばもろともの新手の嫌がらせであるな。しかし、浜崎あゆみの脳内では「バックダンサーでヤケド=海外の歌姫みたいな私」てな変換機能がフルモードで作用しているんだろう。

 

浜崎あゆみ元カレ内山麿我(うちやままろか)

 

浜崎あゆみの“元カレ”内山麿我、建設作業員になっていた…一時はホームレス生活

歌手・浜崎あゆみ(41)の“元カレ”として知られるダンサーで歌手の内山麿我(まろか=35)が現在、建設作業員として生活している様子が4日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)で紹介された。

 内山は16歳からプロのダンサーとして活躍し、18歳のときには渡米修行で技を磨いて、浜崎のバックダンサー兼振付などを務めた。2012年、28歳のときに浜崎との熱愛が報じられ、本人もこれを認めた。しかし、当時は妻との離婚裁判中だったことや、別の女性との間に隠し子がいることが発覚するなどして、浜崎とは約3か月で破局した。

 浜崎と暮らした豪邸を出た内山は、一時ホームレスとなり、公園の草を食べて飢えをしのいだこともあるという。「歌姫の元カレ」を売り物にテレビのバラエティー番組に出演したこともあったが、世間のバッシングを浴びて芸能界から姿を消し、その後はカレー販売などの事業に失敗。15年には渋谷区議会議員選挙に「渋谷ロープウェイ計画」を公約に掲げて出馬したが落選した。

 番組では、1年前から建設作業員として働く内山を、神奈川県内のアパート新築現場で直撃。まだ新人扱いで、段ボールや材料の切れ端などのゴミ回収が主な仕事だという内山は「おしっこの臭いがしみついている板をはがしたりしている」「水を1日に6~7本は飲む」などと語った。仕事は週5日で、朝から晩まで働いている。15年に再婚した妻、娘と3人で生活しているという。

スポーツ報知

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました