M愛すべき人がいて1話「俺の作った虹を渡れ!」ロケ地やアクセスも

ドラマ
スポンサーリンク

エイベックス歌手、浜崎あゆみの自伝小説がドラマ化されました。

「M愛すべき人がいて」

2020年4月18日スタート!

エイベックス会長の松浦勝人と浜崎あゆみの恋物語です。

「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」

既に自伝小説を読んでいる人は、いよいよという感じですね。

小説とドラマは微妙に違うことが多いので、ドラマの面白さも期待したいですね!

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて1話

 

平成の歌姫誕生に
\隠された出会いと別れの物語/

運命的に出会い
恋に落ちていくアユとマサ

しかし数々の障害が
いつしか2人をどろ沼にー

 

 

 

「M愛すべき人がいて」放送時間は?

テレビ朝日 毎週土曜日

今夜11:15~

 

M愛すべき人がいて1話キャスト

 

アユ(安斉かれん)

主人公の歌手・浜崎あゆみ

地元の福岡でモデルをしていた。

東京で売れればギャラもいいので、祖母や母との生活が楽になると考え、東京の親戚・里美を頼り祖母・幸子と一緒に上京。

友人の理沙に誘われて初めて、六本木のディスコ「ベルファイン」でレコード会社「A VICTORY」の専務・マサと出会う。そして歌手デビュー。

 

マサ( 三浦翔平)

レコード会社「A VICTORY」代表取締役専務。

松浦勝人、現エイベックス会長。

人気プロデューサー・輝楽ひとりの活躍に会社の売上を頼っている状態に危機感を感じ、次世代のスター歌手となるダイヤの原石を探そうと六本木のディスコ・ベルファインを訪れていたところ、流川にVIPルームに連れてこられたアユと出会い、運命的な何かを感じ、人生をかけて彼女を歌手としてプロデュースする決意を固め、次々と厳しい課題をアユに与える。

 

中谷 (高橋克典)

アユが上京後に所属する芸能事務所「中谷プロ」の社長。

アユが売れるとは考えておらず、コギャルブームに便乗するため彼女に日サロに行くよう安易な指図を出すなど、芸能人として真剣に育てる気持ちがない。

しかし、マサがアユの才能を見出したことを知った途端、事務所から引き抜かれそうになることが惜しくなり、アユを囲い込もうと態度を一変させる。

アユが中谷プロに所属していながらマサに会うことを問題視する大浜らと裏で結託し、二人の邪魔をしようとする。

 

大浜( 高嶋政伸)

レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。

レンタルレコード店で店長をしていたマサのプロデュース能力を聞きつけ、その才能にほれ込んで彼を引き抜き「A VICTORY」を共同で設立する。

楽曲プロデュースをマサに任せて、自身は経営に専念しており、会社が大きく成長したのはカリスマ性と才能にあふれるマサのおかげだと理解しているが、自分の存在が脅かされるまで大きくになったマサの影響力を危惧して、あの手この手でマサを会社から追い出そうと画策する。

 

姫野礼香(ひめの れいか) 田中みな実

レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。

右目に眼帯を付ける謎めいた美女。

マサに好意を寄せており、ストーカー並みの執着心で彼を追いかけている。

愛するマサがアユに肩入れすることに激しく嫉妬し、狂気じみた姑息な手段でアユへ嫌がらせを繰り返す。

 

流川翔(るかわ しょう)白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)

レコード会社「A VICTORY」の社員で専務のマサ直属の部下。

マサとは7年前に彼が店長をしていたレンタルレコード店で出会ってからの付き合いで、彼のことを尊敬しており、一緒に日本の音楽史を塗り替える伝説を作りたいと本気で考え仕事に取り組んでいる。

明るく周囲から愛されるキャラクターだが、若干行動に軽薄なところがある。

 

玉木理沙(たまき りさ) 久保田紗友

アユの友人。歌手デビューを目指している。

アユをディスコに誘い、彼女とマサとの出会いのきっかけを与える。

歌手デビューを目指してアユとともにレッスンを受けるが、アユがマサから次々と課題を与えられる様子を彼女だけ特別扱いを受けているとひがみ、逆恨みからアユに嫌がらせをする。

 

野島美香(のじま みか) 河北麻友子

アユのマネージャー

 

吉田明日香(田中道子)


大浜の秘書

輝楽天明(きら てんめい)新納慎也

「A VICTORY」の人気プロデューサー。

「A VICTORY」の売上のほとんどを支え、絶頂期を極めている。

 

幸子(市毛良枝)

 

アユの祖母。本格的に芸能活動を始めるために上京しようとするアユを心配し、彼女とともに福岡から都内に在住する親戚の里美の家に身を寄せる。

 

西谷真理・傳彩夏(ONEPIXCEL)

 

歌手デビューを目指すアユのライバル。

アユがマサから特別扱いを受けていると嫉妬して、逆恨みから理沙とともにアユに嫌がらせをする。

 

椎名里美(上野なつひ)

アユと幸子が身を寄せる東京の親戚。

 

佐山尚樹(水江建太)

マサ行きつけのバーのマスター。

 

 

OTF(Over The Fact)Hina(FAKY)和田颯(Da-iCE)

 

 

USGー lol(佐藤友祐、小宮山直人、moca、hibiki、honoka)

 

冴木真希( Yupi’n)

 

弘中綾香

 

渋谷スクランブルに掲げられる看板広告に登場

 

M愛すべき人がいて1話「俺の作った虹を渡れ!」あらすじ

 

幼い頃に父が蒸発して以来、母と祖母と暮らしていたアユは地元・福岡で主にモデルとして活動していたが、東京で芸能人として売れれば生活が楽になると考え、本格的に芸能活動を始めようと一念発起して祖母とともに上京する。

アユは高校に通いながら老舗芸能事務所「中谷プロ」に所属しタレント活動を続けるが、入ってくる仕事といえばエキストラのような仕事ばかりで、芸能人として成功するきっかけを掴めずにいた。そんなある日、歌手を目指す友人の理沙に誘われ初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ベルファインで、アユは次世代のスター候補となるダイヤの原石を探していたレコード会社「A VICTORY」の専務・マサと出会う。

それまでどんなに美人でスタイルのいい女性を前にしてもマサは心を動かされることがなかったが、部下の流川に命じてVIPルームに連れてこられた女性の顔を見て次々と切り捨てていくマサのスター候補の探し方に意見したアユには運命的な何かを感じ、彼女に電話番号を渡し人生をかけて歌手としてプロデュースする決意を固める。

アユは所属していた「中谷プロ」を辞め、マサの指示で歌手デビューに向け単身ニューヨークに渡り厳しいレッスンを受ける。レッスンを終え帰国した後もアユはマサから次々と厳しい課題を与えられるが、周囲からはその様子がマサがアユを特別扱いしているように映り、デビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを呼び、アユはライバルたちから壮絶な嫌がらせをうけてしまう。

しかし、アユは自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じ嫌がらせに耐えながらレッスンに打ち込み、いつしかマサへの信頼感が彼への恋心に変わっていく。

マサもそんなひたむきなアユの姿に心打たれ、彼女を所属アーティストとしてだけでなく、一人の女性として愛する気持ちが芽生えていく。

 

 1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。
そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。
一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。
その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。
翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。
平成の歌姫誕生に隠された物語がいま、幕を開ける――。

 

 

M愛すべき人がいて1話セリフ

 

「ぜってえ、負けねえ」マサ

 

「あゆの決めたことだから、夢は叶うよ」祖母

「上京したばかりで、仕事を貰いたいから学校辞める」アユ

「顔上げて頑張ろう、下向いてたら運が向いてこない」アユ

「マックスマサが私を拾ってくれないかな」リサ

 

 

アユとマサの出会い

「なぜ、睨む?」

「マックスマサさんがすごい人だってわかってます。でも、みんな必死なんです。人生変わるかもってここに立ってます。なのに、」

「なのに何だ!」

「違うって、たった一言で、神様ですか?」

「可愛い顔してるな、今何やってる?」

「芸能事務所に所属していて女優とかタレント業やっていて」

「売れたいのか?」

「はい」

「売れねえぞ」

「女優でもタレントでも、そんな簡単に売れるもんじゃねえ」

「分かってます」

「なぜ、そう思う」

「今自分のやってることにワクワクしてないから」

「はっハハハハハ、はっハハハハハ。さっきの答えだけど、俺は神様なんかじゃねえよ。けどんな、神様からのメッセージは届く。覚悟しろよ」

マサさんがここで番号聞くなんて初めて

「これが俺の番号だ、近い内に連絡する」

 

「嫌な気持ちにさせてしまったなら申し訳ない。集まってくれてありがとう。」

 

 

「元気か?」マサが電話してくる

いつもただこれだけで切る

そして、7回目の電話。

「マックスマサが今日会いたいって」祖母に言うアユ

「誰それ?」祖母

「神様の代わり」アユ

 

 

「なんであの子のことが気になるんですか?可愛さだけだっら他の方の子の方が可愛いかったスッよ」流川

「多少なりともあいつは俺の心を揺さぶった。俺が今まで感じたことのない気持ちにさせたんだよ。」

「またまた」

「流川、5万人の人の心を揺さぶろうと思ったら、まず目の前の人の心を揺さぶれ」

「可能性を感じるんですか?」

「何かの可能性を感じるなんて誰にだってある。それを磨く人間がいるかどうかだ」

「なるほど」流川

 

 

「お前が歌ってる姿はなんだかずっと見ていられるよ」

「目の前の人に伝えろ」

「目の前の人を震わせるんだ」

 

 

 

「止めてください。私、事務所止めます。」

「アユは来る」マサ

「マサさんのストーカーがいて困っているのよ。今夜この店にくるかもしれないから、絶対に入れないでよね」姫野れいか

店内に入れて貰えなくて、見せの外で歌うアユ

「もう順番なんてどうでもいい。俺がお前を選んだんじゃない。神様がお前を選んだんだ」

「アユを」

「お前、虹を渡りたいんだろ。だったら俺が虹作ってやる」

「俺に作った虹を渡れ!」

「渡る、アユその虹渡る」

「俺を信じろ」

 

M愛すべき人がいて1話「俺の作った虹を渡れ!」ロケ地やアクセスも

ベルファイン

 

六本木のディスコ、ベルファインは「ヴェルファーレ(velfarre)」といって、

「ディスコ・クラブベルファーレ」のことです。

1994年12月にオープン、2007年1月1日に閉店しました。

因みにヴェルファーレの由来は、「ヴェルサーチ」「フェラーリ」「アルマーニ」を混ぜた言葉で、折口雅博が名付けました。

所有者は、音楽プロデューサーの小室哲哉とavex traxです。

 

現在は、このような店舗が入っているようです。

面影ありますか?

 

 

東京都港区六本木7-14-22

 

 

 

「M愛すべき人がいて」キャストと実在は誰?

M愛すべき人がいては、実在している人物をアレンジ名で語っているので、キャストは実在する誰を演じているのか分かると更に面白いです。

 

アユ=浜崎あゆみ

 

マックスマサ=松浦勝人

 

 

輝楽天明=小室哲也

 

冴木真希=相川七瀬

 

USG=TRF

SAMは、安室奈美恵の元夫です。

メンバー
DJ KOO (DJ・ラップ)
SAM   (ダンス・コーラス)
ETSU  (ダンス・コーラス)
YU-KI  (ボーカル)
CHIHARU(ダンス・コーラス)

 

 

 

OTF=ELT

Every Little Thing(エヴリ・リトル・シング)

メンバー: 持田香織、 伊藤 一朗、 五十嵐充

 

 

a victory=avex

 

中谷プロ=サンミュージック

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました