屋内禁煙条例罰則金や内容は?飲食店やホテルやオフィス全て禁煙!

ニュース
スポンサーリンク

 

2020年4月1日、「改正健康増進法」が全面施行されました。

「改正健康増進法」とは?

受動喫煙対策を強化することが目的のようです。

全ての屋内建物では、全面禁煙になりました。

罰則金も施行されます。

詳細は?

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

屋内禁煙条例罰則金や内容は?飲食店やホテルやオフィス全て禁煙!

 

「改正健康増進法」が全面施行禁煙屋内で原則禁煙に
受動喫煙対策を強化する「改正健康増進法」が、1日に全面施行されました。飲食店やオフィス、ホテルなどの屋内では原則禁煙となります。

 

 

屋内禁煙条例罰則金や内容は?

原則、屋内禁煙!

違反者には、罰金50万円が科せられる。

 

※従業員でも、20歳以下は喫煙エリアには立ち入り禁止となります。

 

飲食店やホテルやオフィス全て禁煙!

飲食店

現在も既に施行されている店が多いので、喫煙エリアでの喫煙が可能です。

しかし、喫煙エリアが近隣に無い場合は、何ブロックも先まで歩くことになりそうです。

ホテル

2020年3月31日までは、禁煙・禁煙の部屋がありましたが、全てなくなるということなので、これまで禁煙部屋を選択していた人にとっては宿泊も困難になります。

新型肺炎コロナウイルス感染の拡大に伴い、今は自粛時期でもあるので仕事関係や特別行事など以外はレジャーで出かけることもないですが、新型肺炎コロナウイルス感染が終息した時には、喫煙者にとって宿泊は厳しい現実になりそうです。

オフィス

企業は社外の人間が立ち入ることは出来ないエリアがあるので、喫煙室があったとしても発覚するのは難しいのではないでしょうか?

一番この3つの屋内建物の中ではグレーゾーンですね。

 

まとめ

 

いずれにしても、喫煙者にとっては厳しい現実になりそうです。

新型肺炎コロナウイルスのこともあるので、いっそのこと禁煙してしまうのが一番いいのですが、日本中から喫煙者が消えるということはあるのでしょうか?

たばこ会社も消えてなくなる?

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました