志村けんタバコ1日60本3箱のヘビースモーカー!新型コロナ感染!

タレント
スポンサーリンク

志村けんさんは、一日にタバコを60本数ほどのヘビースモーカーでした。

一日60本ということは、3箱も吸っていたことになります。

肺炎にかかってからは、タバコをきっぱり止めて吸わなかったということですが、肺への負担があったのかもしれません。

新型肺炎コロナウイルスの感染にかかり、肺炎が発症されたということで、タバコの影響はどうだったのでしょうか。

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

志村けんタバコ1日60本3箱のヘビースモーカー!新型コロナ感染!

 

 

志村は2016年にも肺炎で入院、今年1月には胃のポリープが見つかり内視鏡手術を受けていた。70歳という年齢もあり、重症化のリスクは避けられず、予断を許さない状況だ。さる番組関係者はこう話す。

「前回の肺炎の時から1日2箱吸っていたたばこはスッパリとやめていた。サプリメントなども常用し、健康には気を付けていたようだが、お酒はやめられなかった。飲みに出かける回数こそ以前より減ったものの、千鳥の大悟をはじめ、番組共演者らと深夜まで飲み歩くのは変わらなかった。麻布十番のガールズバーにも通っていたようです」

 

志村けんタバコ1日60本3箱のヘビースモーカー!新型コロナ感染!ネットの反応は?

 

志村けんの吸ってたタバコは「アメリカンスピリット」!

 

 

たばこは百害あって一利なしと言いますが、新型肺炎コロナウイルス感染にタバコの影響もあるとすれば、喫煙者の方はショックでしょう。

年齢は関係なく、肺に負担がかかることが心配です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました