東京ラブストーリー1991【8話】あらすじ/キャスト/ロケ地ドラマ

ドラマ
スポンサーリンク

東京ラブストーリー1991のリメイクが2020年ドラマ化決定されました。

リメイクバージョンの前に、本家が一斉風靡したドラマをまとめてみました。

あらすじやロケ地、主要キャストのセリフなどお楽しみください。

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

東京ラブストーリー1991【8話】あらすじ

8. この恋を信じたい

永尾(織田裕二)の高校時代の同級生が結婚した。

永尾が2次会の幹事を引き受けた。

三上(江口洋介)ときっぱり別れたさとみ(有森也実)も出席した。さとみはすっかり元気を取り戻した。 さとみのマンションから出た三上は、永尾の近くのアパートに引っ越してきた。

三上はさとみのところへ自分の荷物を取りに行く。さとみは意外に明るい応対。

部屋を出ていく三上に自分が編んだマフラーを渡した。

リカ(鈴木保奈美)に新しくできるロサンゼルス支社行きの話が持ち上がった。

リカは「さようならを言わなくてはならないかと・・・」と永尾に話して・・・。

東京ラブストーリー1991人物キャラ

みどり

リカに言う台詞

「あんまり愛が重いと永尾君がつぶれちゃうよ」

赤名リカ

「和賀さんに幸せにしてもらいたかったです。」

「冗談ですよ」

 

 

三上 健一

長崎尚子にいう台詞

「俺がさとみにふられたのは、君のせいだって」三上

 

リカと三上の部屋で飲む

「お前の愛情って思いからさ」三上

「分かってる」リカ

「けどさ、しょうがないじゃん。そういう風にしか出来ないんだもん」

「不器用すぎるからな」

「器用すぎて失敗した人もいるし」リカ

「もっと上手に人をすきになれたらなーって」

 

ポッキーキス?

お菓子のポッキーで、端と端を二人で口を加えて食べ始めるゲーム。

最後まで食べれたらキスができるパターンです。

永尾とさとみが二次会でするのですが、永尾は途中で折ってしまう。

わざと折ったのですが、さとみは気付かない様子。

しかもさとみの方が積極的にやると言い出したところがヤバい。

完治は、戸惑いを見せる。

 

 

永尾 完治

「関口、汚れてない。俺には、あの頃のまま憧れの的だよ」

「永尾君・・」

「ちっとも汚れててなんてない」

 

結局完治は、リカよりさとみが好きだから、さとみが3人で会おうと言っても、二人で会う事を選んだのかなと思います。

完治という主人公も優柔不断で、結局さとみや三上と大差ない。

愛媛恋愛トライアングルにリカが侵入してきたけど、リカの入る隙がないですね。

リカもリカで、今回何人にも、「リカの愛は重い」と言われているけど、重いというより自分本位で、やりたい放題。からかいや強引さで自分に無理やり振り向かせるように、周囲も巻き込む性格なので、疲れるタイプです。

結局、主要人物の誰もが気持ちが散漫タイプが多くて、揺れ動きすぎ。

その場しのぎの恋だったら、付き合いまで発展しなければ、ここまでダラダラ気持ちが揺れ動かないので、安易な考えに翻弄されているようにしか見えないですね。

様子見タイプがいないので、ドアを閉じては開け、また閉めては開く。

その繰り返しをしている恋愛パターンに見えます。

 

東京ラブストーリー1991キャスト

永尾 完治(ながお かんじ)織田裕二

出身地:愛媛県

さとみと三上とは愛媛東高校での同級生。

大学卒業後に一旦地元の愛媛で就職。

「ハートスポーツ」に中途採用で入社して上京して、営業部に所属。

会社のリカからは「カンチ」と呼ばれる。

さとみと三上の2人と再会する。

 

赤名 リカ(あかな りか)鈴木保奈美

ロサンゼルス帰国子女。

スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部所属の社員。

愛媛県から上京してきた永尾を東京国際空港まで迎えに行く。

 

三上 健一(みかみ けんいち) 江口洋介

出身地:愛媛県

永尾の小学校から高校までの同級生。

文京大学医学部入学で上京。

実家からは送金してもらっているが、絶縁に近い状態。

大学は留年していて、教授からはまた留年するかと留年勧告されている。

左ハンドルのスープラが愛車。

 

関口 さとみ(せきぐち さとみ)有森也実

出身地:愛媛県

永尾の高校の同級生。

元麻布幼稚園に勤務している幼稚園教諭。

実家がラブホテルを経営。

高校時代は清楚な感じで男子から人気があったが、女子からは実家がラブホテルを経営していることからと、机に落書きされるなどのいじめに遭っていた。

落書きを消してくれたのが当時、さとみに片想いをしていた永尾だと思い続けていた。

 

長崎 尚子(ながさき なおこ)千堂あきほ

三上の大学の同級生で、資産家の娘。

三上とは同級生だが、三上は留年しているため三上より年下。

三上が何かとちょっかいを出している女性。

 

和賀 夏樹(わが なつき) 西岡徳馬

ハートスポーツの営業部長。
永尾とリカの上司で既婚者。

永尾が来る前は、リカと不倫関係だった。

 

渡辺 中山秀征

永尾の同僚。

ハートスポーツの営業部所属の社員。

 

石井  伊藤美紀

永尾の同僚。

ハートスポーツの営業部所属の社員。

 

みどり  五島悦子

リカの同僚。

ハートスポーツの事業部所属の社員。

 

時子   水島かおり

関口の同僚。

元麻布幼稚園の幼稚園教諭。

 

東京ラブストーリー1991【8話】ロケ地

代々木公園(渋谷区神南)

リカが完治と再会後、お互いに背を向けて別れた場所

日本青年館(新宿区霞ヶ丘町)

エンディングでリカが東京を望むビルの屋上。
ロケ地の建築物は2015年に取り壊され、2017年にリニューアルした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました