東京ラブストーリー1991【1話】あらすじ/キャスト/ロケ地ドラマ

ドラマ
スポンサーリンク

「東京ラブストーリー」は、漫画家の柴門ふみが原作で1988年に「ビッグコミックスピリッツ」で連載された物語です。

1991年にフジテレビの「月9」でドラマ化され、最終回視聴率(関東)は32.3%を記録する大ヒット作品となりました。

この「東京ラブストーリー」が、29年ぶりにリメイクされて2020年にリターンズすることが決定されました!

「東京ラブストーリー」1991版と2020年版、これからドラマ化される前に全作品をチェックしてみました。

1991年に一斉風靡したトレンディードラマ「東京ラブストーリー」のあらすじをチェックして、2020年リメイク版を楽しみたいですね。

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

東京ラブストーリー1991

四国・愛媛県から上京してきたサラリーマンの完治(織田裕二)と会社の同僚女性(鈴木保奈美)、完治の高校時代親友でプレイボーイの医学生(江口洋介)、同じく2人の親友であり完治が長年憧れていた女性(有森也実)の恋愛を描いた連続トレンディドラマです。

 

東京ラブストーリー1991あらすじ【1話】

1. 出会いと再会

リカ(鈴木保奈美)は、ハートスポーツの事業部で働くOL。

四国から上京した永尾完治(織田裕二)がハートスポーツの営業部に就職した。

二人は何となく気が合った。

完治の高校の同窓会が開かれた。

10人ほど集まって鍋をつついている。

さとみ(有森也実)がやってきた。完治には思い出のある人。

同級会の終わりごろ、三上(江口洋介)が現れた。完治と親友だった。

その三上が、なんとリカを連れてきた。来る途中、ひっかけたと言う。

この同窓会をきっかけに完治とさとみは急接近した。

完治はさとみとデートすることになった。

ところが、三上がついてきて・・・。

 

東京ラブストーリー1991人物キャラ

女優の鈴木保奈美が当時は若くて可愛いです!

その可愛さとは裏腹に、赤名リカのキャラクラ―がヤバすぎです。

どこかのブログで、赤名リカは頭がおかしいのタイトルで書いている人がいますが、まさに変な女が全開です。所謂、天然とは違って怖い女だったりすることもあります。

毎回主要登場人物のキャラについて、ここが変じゃない?部分を書いてみたいと思います。

赤名リカ

赤名リカが、永尾完治(かんじ)を初対面で、下の名前で呼びます。

会社の同僚をいきなり、下の名前で呼ぶってあり得ないですね。

おまけに名前は「かんじ」だと本人が何度言っても、訳の分からない良い訳で「かんち」と呼ぶところが変な女過ぎて引きます。

なんて傲慢な女なのだろう。

同級会の帰りに、完治が知り合いだったのかと三上に聞くと、三上は「そっちは?」と聞くシーンがあるのですが、リカが「完治の彼女~」と言い切ってしまいます。

大胆不敵なリカ。

押しの強さで、相手を手中に収める策略?

冗談ぽくない感じが策士で怖い?

昭和な台詞がうざすぎる?

「8月31日の小学生みたい」

「ピッカピカのバッジをつけて」

 

「東京ラブストーリー」名シーン

公園での別れのシーン

「じゃあ、また明日」完治

「もう、今日だよ」リカ

「あっ、そっか。じゃまたあとで」完治

「寝坊しないように」リカ

「目覚ましかけて」完治

「パジャマ着て」リカ

「歯磨いて」完治

「毛布にくるまって」リカ

「いい夢見て」完治

「完治の夢でもみようかな」リカ

「じゃ、俺も」完治

「じゃ」リカ

「じゃ」完治

「バイバイ」リカ

「バイバイ」完治

「おやすみ」リカ

「おやすみ」「寝坊すんなよ」完治

「それ、さっき言った」リカ

「あ、いい夢見て」完治

「それも」リカ

「そっか」完治

「なんかこれじゃ、いつまで経っても帰れないね」リカ

「そんな夜もあるよ」完治

「うん、じゃあさ、こうしよ。せーので一緒に後ろ向くの。」

「OK!」完治

「せーの!」二人

完治だけ向きを変えて歩き出すが、立ち止まって振り返るとリカが立ってます。

「ずっりなー」完治

「完治」リカ

「何」完治

「完治」リカ

「なんだよ」完治

「完治」リカ

「だから何~?」

「完治~」リカが走って完治に抱きつく。

「好き!あっ行っちゃった。悔しいな~」

「ちょっ、何、何言ってるんだ急に」

「おやすみ」頬にキスするリカ

「ちょっと、待てよー」完治

 

この公園でのシーンは名シーンです!

リカが可愛すぎです!

このシーンが好きな人も多いのでは?

この感じのリカは本当にキューンときます。

当時は流行ったのかな?

公園でカップルがこのシーンやっていたらタイタニックとかと同じかもしれませんね。

 

東京ラブストーリー1991キャスト

永尾 完治(ながお かんじ)織田裕二

出身地:愛媛県

さとみと三上とは愛媛東高校での同級生。

大学卒業後に一旦地元の愛媛で就職。

「ハートスポーツ」に中途採用で入社して上京して、営業部に所属。

会社のリカからは「カンチ」と呼ばれる。

さとみと三上の2人と再会する。

 

赤名 リカ(あかな リカ)鈴木保奈美

ロサンゼルス帰国子女。

スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部所属の社員。

愛媛県から上京してきた永尾を東京国際空港まで迎えに行く。

 

三上 健一(みかみ けんいち) 江口洋介

出身地:愛媛県

永尾の小学校から高校までの同級生。

文京大学医学部入学で上京。

実家からは送金してもらっているが、絶縁に近い状態。

大学は留年していて、教授からはまた留年するかと留年勧告されている。

左ハンドルのスープラが愛車。

 

関口 さとみ(せきぐち さとみ)有森也実

出身地:愛媛県

永尾の高校の同級生。

元麻布幼稚園に勤務している幼稚園教諭。

実家がラブホテルを経営。

高校時代は清楚な感じで男子から人気があったが、女子からは実家がラブホテルを経営していることからと、机に落書きされるなどのいじめに遭っていた。

落書きを消してくれたのが当時、さとみに片想いをしていた永尾だと思い続けていた。

 

長崎 尚子(ながさき なおこ)千堂あきほ

三上の大学の同級生で、資産家の娘。

三上とは同級生だが、三上は留年しているため三上より年下。

三上が何かとちょっかいを出している女性。

 

和賀 夏樹(わが なつき) 西岡徳馬

ハートスポーツの営業部長。
永尾とリカの上司で既婚者。

永尾が来る前は、リカと不倫関係だった。

 

渡辺 中山秀征

永尾の同僚。

ハートスポーツの営業部所属の社員。

 

石井  伊藤美紀

永尾の同僚。

ハートスポーツの営業部所属の社員。

 

みどり  五島悦子

リカの同僚。

ハートスポーツの事業部所属の社員。

 

時子   水島かおり

関口の同僚。

元麻布幼稚園の幼稚園教諭。

 

東京ラブストーリー1991【1話】ロケ地

羽田空港国内線ターミナルビル(大田区羽田空港)

完治が愛媛から上京し、リカと初めて出会った場所

芝浦倉庫(港区海岸通)

リカと完治が、商品を受け取りに行った倉庫

弁慶橋のたもと(港区元赤坂)

高校の同窓会の後、完治と三上が水切りをして遊んだ川。

完治5回、三上7回

「その代わり、俺が勝ったら関口俺のもんな」

「勝っちゃたよ」

シーンの「弁慶橋」です。

花の館(港区北青山)

リカがサボテンを買った花屋

東京都港区北青山3丁目12‐9

渋谷東急プラザ(渋谷区道玄坂)

完治と三上が同窓会の後で、みんなと別れた歩道

全労済ホールスペース・ゼロ(渋谷区代々木)

会社の新作発表会が行われた会場

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目12−10

鉢山町交差点(渋谷区鉢山町)

完治が道に迷った場所

表参道駅(渋谷区表参道)

完治とリカが待ち合わせの場所に使った帝都高速度交通営団の駅

 

三菱石油ガソリンスタンド(渋谷区神宮前)

リカが、ガソリン缶を蹴っ飛ばしたガソリンスタンド

 

 

中華料理店とその奥にある建物

完治とリカがお昼を食べている中華料理店

まとめ

 

「東京ラブストーリー」ロケ地巡り。

いかがでしたか?

29年後も変わらない場所がほとんどですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました