佐賀県コロナ臨時休校16日再開!いつまで?リスク覚悟世間の反応は?

新型コロナウイルス
スポンサーリンク

佐賀県では、政府が「全国臨時休校」と要請したのは2月28日でしたが、3月3日からの休校だったことが分かりました。

また、山口県知事は佐賀県内には、新型肺炎コロナウイルス感染者がいないことから、3月16日から学校を再開するおとに決定したそうです。

隣県の福岡県でも、感染者が数名だということで踏み切った様です。

世間の反応は?

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

佐賀県コロナ臨時休校16日再開!リスク覚悟!

佐賀県では、政府の要請より県知事に権限があることに、ちょっと驚きです。

全国一斉休校を一日伸ばしたり、再開して6日間のために人命リスクより、学校行事を優先する決断を下すようです。

「リスク覚悟」って、どんな覚悟なのでしょう。

佐賀県に他都道府県の人が入らないとは限らないですし、配達業者や出張など人は往来しているものですが、凌ぐということなんでしょうか。

わざわざコロナ感染者が、バラまきにきた事件も最近の話で、そのニュースも踏まえても決行する山口祥義知事と武雄市の浦郷究教育長、リスクを回避できるのか疑問です。

 

 

政府が全国一斉の臨時休校を要請した翌日の2月28日。県の幹部会議で山口祥義知事は、県立学校の休校開始日を、国の要請から1日遅らせる3月3日からとし「県内の検査は全て陰性。まず2週間、状況を見る」と独自の判断を下した。

そして11日。学校再開の判断を下した山口知事は「県内で陽性の報告はない」と、休校期間を判断したときと同じ理由を挙げた。さらに今回強調したのは、子どもたちの心身への影響だった。「感染を恐れて自宅にこもったまま」「友達に会いたい」など保護者や子どもの声を受け止め「この状況を長期化させてはいけない」と思いを口にした。

県教育委員会も休校期間中に、学校現場や市町教育委員会と意見交換を行ってきた。3学期は学年を締めくくる時期で、市町からは「(再開後の)最後の6日間は大事。やりたい」と強く求められたという。

再開に向けては「現場のことを考えると、できるだけ早いタイミングで伝えた方がいい」(県幹部)と11日の発表に至った。ただ、状況が逐一変化していくため、「ぎりぎりまで(方針を)決めたくはなかった」と苦悩も抱えていた。

「年度末で卒業式もある時期の休校や再開の判断は難しかった」。県よりも2日早く「再開方針」を発表した武雄市の浦郷究教育長はこう明かした上で、「県がまず休校を15日までにしたこと、そして16日からの再開を決めたことはすごい決断」と評価した。

「(春休み前日の)24日までは天に祈るような気持ち」。感染リスクを覚悟の上で判断を示したものの、県幹部は会議後、こう漏らした。

佐賀新聞

 

佐賀県コロナ臨時休校16日再開!からいつまで?

2020年3月16日(月)~3月23日(月)

3/24~は通常どおりに春休み。

 

佐賀県欠席しても欠席扱いなし

「少しでも咳をしていたら、積極的に休んでください。」

と一応打診はしているそうですが、基本的には、保護者の判断で、学校に行く、行かないは決める。

佐賀県は卒業式を行う

感染リスクは覚悟の上で決行するようです。

 

佐賀県コロナ臨時休校16日再開!リスク覚悟世間の反応は?

 

見えないバリア!
画像がすばらしいですね。

 

人命でギャンブルしないで下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました