名古屋高速6料金所封鎖!職員コロナ感染!封鎖期間いつからいつまで?

新型コロナウイルス
スポンサーリンク

2020年2月23日、午前5:00名古屋高速道路の料金所職員がコロナウイルスに感染しました!

一般入口か?

 

スポンサーリンク

名古屋高速料金所封鎖!職員コロナ感染!

朝日新聞と中日新聞では、5箇所、6箇所の料金所封鎖と誤差があるようです。

 

 

名古屋高速料金所封鎖!職員とは?

男性

60代

事務員

事務員は高速道路利用者とは接触していない

料金所スタッフの送迎などの業務していた。

高速道路の利用者とは接触していない。

 

名古屋高速道路によりますと、男性は料金所のスタッフの送迎などをしていて、高速道路の利用者とは接触しておらず、容体は安定しているということです。

感染の確認を受けて、名古屋高速道路は、男性と濃厚接触したとみられる料金所のスタッフなど52人を22日までに自宅待機にしました。

料金所スタッフ52人を22日までに自宅待機要請しているそうです。

 

名古屋高速料金所封鎖!職員コロナ感染!封鎖期間いつからいつまで?

2020年2月23日午前9時~3月上旬まで

・鳥森
・六番北
・六番南
・木馬
・船見
・東海新宝

の5箇所5が封鎖中または予定している料金所です。

約2週間程度の予定

名古屋高速道路からの呼びかけ

2020年2月15日以降、東海線と万場線の料金所の一般レーンを利用した人で発熱などの体調不良がある場合は、保健所などに相談するよう呼びかけています。

 

まとめ

一般レーンがやはり感染ルートのようですね。

ETC利用者が多くなっても、まだ一般レーン利用者はいますし、ETCレーンが混雑していれば一般レーンを利用することもあり、人から人への感染は免れないようです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました