川口春奈熱愛報道渦中に沢尻エリカの代役決定!川口沢尻の接点に世間の反応は?

人物
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。マオです。

NHK大河ドラマの「麒麟がくる」の「濃姫」役を演じる沢尻エリカ容疑者の代役に「川口春奈」が抜擢されました。

川口春奈は、”熱愛報道”でマスコミを賑わせたばかりの女優で、その影響も懸念されていますが、既に撮り終えた10話までの撮影を撮り直しする意気込みに、関心する声も上がっているそうです。

川口春奈の代役に世間の反応をまとめてみました。

 

それでは早速どうぞ。

 

スポンサーリンク

川口春奈熱愛報道渦中に沢尻エリカの代役決定!

 

川口春奈『麒麟がくる』代役に“熱愛報道”の影響は? 事務所の手腕を感心する声も
テックインサイト

2019/11/22 12:50

麻薬取締法違反容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)が来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で演じる予定だった「濃姫(帰蝶)」の代役を、川口春奈(24)が務めることが発表された。思わぬ流れから大河初出演の切符を手に入れた川口だが、折しも総合格闘家との熱愛報道があったばかりでその影響が気になる。一方では急きょ撮り直しとなるタイトなスケジュールにもかかわらず、このたびの代役を引き受けた彼女の心意気や、それに踏み切った所属事務所の手腕を感心する声も少なくない。

濃姫は『麒麟がくる』の主人公・明智光秀(長谷川博己)が仕えた斎藤道三(本木雅弘)の娘であり、後に織田信長(染谷将太)の正妻になる。そのような役柄なので沢尻エリカは第1話から登場しており、すでに10話まで撮り終えていた。

NHKは12月初旬から撮り直しに入り、新年1月5日の初回放送に間に合わせたいところだが、報道によると2週遅れる見込みだという。川口春奈は慌ただしいなかで濃姫の役作りをして演じるのだから、相当な集中力が必要だろう。

そんな彼女に総合格闘家・矢地祐介(29)との熱愛報道が持ち上がったのは、11月18日のことだった。

『川口春奈スタッフ(公式)』Twitterや彼女のインスタでは報道に触れていないが、フォロワーからは「春がきたんだよねおめでとう」といった祝福が寄せられている。ただ、なかには「今まで御世話になりました」、「矢地さんはやめときましょう」といった声も届き、ファンも複雑な思いのようだ。

しかしながら、その直後に大河での代役決定が発表されると「川口春奈の方が大好きなんで 結果オーライ過ぎる!」、「はじめから川口春奈の方が良かったんじゃないか。時間が無いから大変だな」と期待する声があり、彼女の頑張り次第で熱愛報道の影響もプラスに転じるかもしれない。

また所属事務所の研音について、「代役が川口春奈って熱愛発覚して、別れさせようとしてる事務所のプッシュでしょ」という深読みや「川口春奈は研音か。山口真帆を引き受けた件で好印象だけど今回でまた各方面に貸しを作っただろうね」という声が見受けられた。

「川口春奈代役濃姫の火中の栗を拾いにいった感はすごいと思う。事務所は賭けに出たなあ」、「朝ドラは杉咲花さんだし、研音はNHKにかなり恩を売ったなー」など研音がNHKに大きな貸しを作ったと見る向きは多く、改めて事務所の手腕を感じたようである。

画像2枚目は『矢地 祐介 Yusuke Yachi ヤチ ユウスケ 2019年11月20日付Instagram「@backchannel_official @backwoodsborough」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

 

 

 

川口春奈熱愛報道渦中に沢尻エリカの代役決定!川口沢尻の接点に世間の反応は?

 

そっくりすぎる写真にびっくりです!
川口春奈が、沢尻エリカに瓜二つで、衣装も激似すぎます!
川口春奈のイメージがなんとなく変わりました・・・。
映画の役柄とはいえ酷似です。

と思っていたら、映画「謝罪の王様」で沢尻エリカの役を演じていたんですね。
道理で酷似なわけですね。
顔がアップにされると、顔は似てないです。

 

川口春奈・沢尻エリカの接点映画「謝罪の王様」とは?

『謝罪の王様』
2013年コメディ映画

全国312スクリーンで公開。
2013年9月28日、29日の初日2日間で、興収2億6,765万4,700円!
最終興行収入は21.8億円!

脚本・宮藤官九郎
主演・阿部サダヲ
監督・水田伸生

『舞妓Haaaan!!!』
『なくもんか』
キャッチコピーは「謝るとき、人は誰でも主人公。」

あらすじ
「謝罪師」を生業とする男・黒島譲(くろしま ゆずる)が、様々な事件を謝罪のテクニックを駆使して解決していく姿を描く。
ついには土下座を超える究極の謝罪「土下座の向こう側」を見つけ出す。

 

 

 

 

まとめ

”川口春奈熱愛報道渦中に沢尻エリカの代役決定!川口沢尻の接点に世間の反応は?”をご覧いただきまして、ありがとうございました。

「麒麟がくる」の代役に抜擢された、川口春奈と沢尻エリカは、運命というか、因縁というか

偶然ではなかったようですね。

どこかで、そういう運命にあったような気がしますね。

「別に」を川口春奈が演じていなかったら、他の女優になったような、そんなキャスト選択だったように感じられます。

川口春奈がこの大河を演じる期間にスキャンダル事件を起こさないことを願うばかりです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました