ふたご座流星群2019関東観測スポットで見える方角や時間は?穴場とピークも

イベント・行事
スポンサーリンク

関東のみなさん、こんにちは。マオです!

毎年12月の14日前後は三大流星群の1つ、『ふたご座流星群』が観測できます。
しぶんぎ座流星群・ペルセウス座流星群と同様に、一時間当たり20個~30個の流星が出現します。

条件がよければ1時間に50個~60個出現し、それを上回る100個の流星を観測することもあります。

12月5日~12月20日頃までふたご座流星群は現れ、他の流星よりも数が多く出現します。
ふたご座流星群は1862年初めて観測され、当時は1時間に10個程度しか見られませんでしたが、年々流星の出現率が増えていき、現在の個数となりました。

 

2019年のふたご座流星群の極大は、12月15日4時頃と予想されています。
今年は、満月から新月に至る中間頃の月が一晩中空を照らしているため、観察条件があまり良くないのですが、空が暗い場所でふたご座流星群が見られると予測されています。

それでは、早速本題へどうぞ。

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2019関東観測スポット・穴場も!

国会議事堂(東京都千代田区永田町)


都心の中心地、永田町でこんなにクリアーなふたご座流星群が観られるなんてと、驚いている人もいるかもしれませんね。
毎日の通勤や通学、地下鉄経由されている人などに穴場スポットです!
左側にちょこっと見えている国会議事堂がまた良い雰囲気です。

 

永田町駅は、有楽町線、半蔵門線、南北線の3路線ですが、赤坂見附駅も連絡通路で連動しているので、銀座線と丸ノ内線も同様にアクセスが良いです。

また永田町と隣の溜池山王駅は国会議事堂が目の前ですし、赤坂駅通勤・通学の人にも観測しやすい条件ですね。
年に一度のふたご座流星群が観れたらいいですね。

 

 

●西東京市

西東京市の上空で、ふたご座流星群が。
流れ星も太めにくっきり映し出されてますね。
東京でもこれだけハッキリと見えるのがスゴイですね!

 

 

●三原山(東京都大島町)

大島から観測するとこんなふうに見えるのですね。
天の川と流星群も綺麗です。

 

 

●千葉県

サンセットビーチの美しいショット。
水面に流星群が映し出されています。
星空には流星が飛び交い、絵のような一枚です。

 

 

 

●埼玉県さいたま市中央区

 

この投稿をInstagramで見る

 

◎ふたご座流星群 12月14日(金)0時過ぎ、南の空の「冬の大三角」が空高くなると、さいたま市の自宅ベランダからも光害を受けず「ふたご座流星群」の放出点を観ることが出来ました。 コツは、ぼんやり広い範囲を観ることだとか…。それで「冬の大三角」を中心にして空を見上げていると5分くらいで流れ星を2つ観ることができました。急いで三脚とカメラをセットして1時間くらい撮影。(光害を受けないよう50mm(35mm換算で80mm)単焦点レンズで…) 時間的に遅かったのか、運不運の問題なのか、カメラを向けるとなかなか流れてくれないもので… 最大の収穫はこの写真…シリウスの左側を流れた大きな流星です。 もっと暗い場所で、広角レンズを使えば、多くの流星を撮影できたかもしれませんが、「寒さ」「怖さ」に耐える根性はありませんでした💦 #埼玉県 #埼玉県さいたま市 #さいたま市 #さいたま市中央区 #ふたご座流星群 #ふたご座流星群2018 #流星群 #流星 #流れ星 #冬の大三角 #シリウス #オリオン座 #ベテルギウス #プロキオン #さいたま日和 #埼玉さんぽ

saitama.seasons2017さん(@saitama.seasons2017)がシェアした投稿 –

さいたま市は、浦和市・大宮市・与野市・岩槻市の4市が合併された大都市。
県庁や埼玉スタジアム、さいたまスーパーアリーナなどサッカーやコンサートで、賑わっています。

さいたま市内からの観測、空が紫がかっていて、流星が一筋の光線が伸びています。
まさに流れ星!願い事が叶うかも知れませんね。

 

 

美の山公園 秩父(埼玉県)

オリオン座と流れ星が見え、美しいですね。
薄紫色がかった青い夜空がなんともいえない綺麗さです。

 

 

●東秩父村の牧草地(埼玉県)

視界の開けた場所でのふたご座流星群。
流れ星が見えて、穴場的なスポットですね。
鹿が出てくるのは、ちょっと驚きますが...。

 

 

●堂平山天文台(埼玉県)

360度見渡せる絶好のロケーションです。
車で頂上まで登ることも出来るアクセスの良い場所です。
日帰り登山などでも親しまれているスポット。

アクセス
埼玉県比企郡小川町
ときがわ町と秩父郡東秩父村にある山、標高875.8m。

 

 

●名栗湖(埼玉県飯能市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日に限って何でこんなに風強いの?と思いながら極寒に耐えて、100枚近く撮ってなんとか写ってたふたご座流星群✨ . オリオン座方面は街の明かりが明るすぎたので撮れなかったけど、うっすらと天の川?とその左側に星団?も見えたので大満足です✨🎶✨ * * * #landscape_lovers #instalandscape #nikond7500photo #retrip_nippon #geminimeteorshower #astrography #ふたご座流星群 #ふたご座流星群2018 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #広がり同盟 #カメラ初心者 #カメラ部 #ファインダー越しの私の世界 #誰かに見せたい風景 #ウィルタネン彗星 #半径20キロの絶景

shogun3さん(@nav_phos)がシェアした投稿 –

ダイヤモンドダストような細かい星々と流星群。
天野川も流れ、綺麗ですね。

飯能市といえば、ムーミン村で有名です。
昼間はムーミン村へ行き、夜はふたご座流星群を観測をするのも良いかもしれないですよ。

「さわらびの湯」天然温泉もあり、冷えた身体を温まりに行くのも良いです。
営業時間:10:00~18:00、残念ながら夜間は営業してません。

 

アクセス
飯能市は、池袋駅から西武池袋線で飯能駅まで56~57分で着きます。
飯能駅からバスで45分。
国際興業バス「名栗車庫・名郷・湯の沢行」下車。
「さわらびの湯」下車、徒歩20分。

 

 

芦ノ湖(神奈川県足柄下郡箱根町)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#gr2 #星景 #星空 #日周運動 #インターバル撮影 #北極星 #ふたご座流星群 #ふたご座流星群2018 #箱根 #芦ノ湖 #海賊船

遠藤未奈さん(@_mame_37)がシェアした投稿 –

神奈川県の南西に位置する神奈川県最大の芦ノ湖。
富士山も見える釣りで有名な観光地です。

 

また、毎年お正月恒例の「箱根駅伝」のスタート・ゴール地点で、マラソン観戦が好きな人で賑わっている場所でもあります。
昼間は観光をしながら2019年最後の流星、ふたご座流星群を観測するのも良い記念になりそうですね。

 

 

●箱根山(神奈川県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

・ ・ 【ふたご座流星群】 皆さん、今年のふたご座流星群は観ましたか? 私は箱根で観ました😊 「君の名は。」って言いたくなるね。 ・ ・ #カメラ好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #東京カメラ部 #ファインダー越しの私の世界 #ふたご座流星群 #ふたご座 #ふたご座流星群2018 #流星群 #流れ星 #tokyocameraclub #カメラ女子 #カメラ女子と繋がりたい #星空 #星空撮影 #カメラマンと繋がりたい #ポートレート女子 #ポートレートモデル #ポートレートモデル募集 #被写体募集 #ポトレ #ポトレ女子 #お洒落な人と繋がりたい #フリーモデル #サロンモデル #サロモ #ファッション好きな人と繋がりたい #風景写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #サロンモデル募集 #風景写真

uchid@yu-k1 -内田祐希- YUKI UCHIDAさん(@yuukiuchida)がシェアした投稿 –

箱根山は、神奈川県と静岡県にまたがる火山です。
電車でも1DAY観光ができますので、気軽にお出かけ出来ます。

アクセス
神奈川県足柄下郡箱根町
小田急ロマンスカー直通

 

 

●服部牧場(神奈川県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ふたご座流星群? winter sky . 飛行機にも見えますが、今日は流れ星ということにしといてください . 今夜は 寅さん見ながら あんこうの肝で呑みます . いい夜をお過ごしください . #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #東京カメラ部 #ig_japan #igersjp #team_jp_ #team_jp_東 #カメカリ #けしからん景色 #ひろがり同盟 #art_of_japan #colors_of_day #japan_daytime_view #japan_of_insta #daily_photo_jpn #whim_life #japan_art_photography #キタムラ写真投稿 #星 #星景写真 #流れ星 #longexposure #nature #naturephotography #naturelovers #landscape #landscapephotography #ふたご座流星群 #ふたご座流星群2018

yasuhiroさん(@iruka3516)がシェアした投稿 –

牧場からの星空、綺麗ですね。
ゆったり、のんびり観測が楽しめそうです。
今年一年を振り返って、ラストの夜を過ごすのもいいですね。

 

 

 

●日光国立公園 戦場ヶ原(栃木県)

天の川とふたご座流星群。
古戦場だった場所で、歴史に思いも馳せそうです。

 

 

●下仁田町(群馬県)

星空が綺麗に見えます。
天の川もほんのり見えるようですね。

下仁田といえば下仁田ネギが有名な町で、群馬県甘楽郡にあります。
関越道に甘楽SAがあるので、アクセスもしやすい場所です。

 

 

 

つくばねオートキャンプ場(茨城県石岡市)

石岡市にあるキャンプ場で、視界が開けた広々とした場所です。
満点の星空が観測できるスポットなので、ふたご座流星群を観測するには絶好のローケーションですね。

アクセス
住所:茨城県石岡市小幡2132−14
TEL: 0299-42-2922
営業:通年、水曜定休日(12月~3月)

 

 

 

●筑波山頂(茨城県)

スカイブルーの星空に、ふたご座流星群の落ちる瞬間のショット。
雲一つない視界が綺麗です。

 

ふたご座流星群2019見える方角や時間は?

2019ふたご座流星群の極大は、12月15日午前4:00頃と予想されていますが、実際に観察に適している時間帯は2つの候補になります。

 

●第一候補・・・12月14日23:00頃~15日の日が昇るまで
●第二候補・・・12月13日日没後~14日日が昇るまで

20:00時頃から流星が現れ始め、本格的に22:00~5:00頃まで出現が続くでしょう。

12月14日の夜がすっかりと明けきらない頃でも、流星はそれなりに見られます。
12月13日の夜も、普段より多くの流星を見ることができると思われます。

 

●方角  ・・・基本的には、どの方角でも良いです。
月明かりがあるので、月とは反対側を見ましょう。
目が外の暗さに馴染むまで、約15分は観察すると良いです。

 

ふたご座流星群2019のピークは?

2019年のふたご座流星群は、日本ではピーク時間がちょうど夜間であり、本来ならば非常に良い好条件でしたが、満月の月明かりに照らされて、残念ながら観察しにくい状態となっています。
月とは、反対側を観察してみると流星が観られるでしょう。

12月14日の22:00~5:00が観測しやすい時間です。

 

まとめ

2019年のふたご座流星群の紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
今年は、月明かりの影響があり観測条件が余り良くはありませんが、日付をずらして観測するなどして楽しんでください。

都心でも少なからず、ふたご座流星群を観測できますので、遠出のできない人でも観測できそうです。
今年は観れたらいいなという気持ちで、観測すると良いかもしれないですね。

遠出される人は夜間は冷え込みますので、防寒着を一枚多めに用意されるといいですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました