フライパン一つで出来るパエリヤ!海鮮具材レシピが人気!手軽で簡単!

洋食
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。マオです!

スペインの代表的な料理パエリア。
魚介類たっぷりで具だくさんなところも魅力的です。

 

スペインのバレンシアの人々は昔、オレンジ畑でランチにこのパエリアをその場で調理して食べていた農家がたくさんいたそう。
バーベキューのように、豪快なランチを食べている姿を想像してしまします。

 

このパエリア、日本でいう炊き込みご飯のようなものですから、日本人の口にもピッタリ合いますね。
なんと言ってもお米が主なので、お家で気軽に作って食べたい料理です。

 

バレンシアのお米は、ジャバニカ米といって、縦に細長く大きいサイズで、ちょっとパサパサした食感のお米ですが、
日本のお米でも十分美味しく出来ますので、ぜひ作ってみてください。

パエリアの専用鍋がなくても、フライパンで作れるところも手軽です。

 

 

スポンサーリンク

パエリアの材料(4人分)

・米・・・2合(360ml)
・エビ(頭、殻付き・・・4尾
・あさり(砂出ししたもの)・・・200g
・パプリカ(赤・黄色)・・・各1/2
・レンコン・・・約1節(120g)
・玉ねぎみじん切り・・・1/4個
・にんにくのみじん切り・・・1かけ分
・パセリのみじん切り・・・大さじ1

 

・サフラン・・・ひとつまみ(約0.2g)
・オリーブオイル・・・大さじ4
・白ワイン・・・1/4カップ
・洋風スープの素・・・1個
・塩・コショウ・・・適量

 

下準備

1.エビは、竹ぐしで背ワタを取る。

2.あさりは、殻と殻をこすり合わせて洗う。あさりは、砂出ししておく。

3.パフリカは、種を取って縦7mmの棒状に切る。

4.レンコンは、皮をむいて厚さ3~4mmの輪切りにする。熱湯で30秒ほど茹でてざるにあげておく。

 

パエリアの作り方

1・プライパンにオリーブオイル大さじ1を中火にかけて、エビとあさりを炒める。
エビの色が鮮やかな色に変わったら、白ワインを加えひと煮立ちさせ、あさりを入れて蓋をします。
アサリが開いたら、お皿に取り出しておく。

2.フライパンに残った煮汁を、軽量カップにいれ、水2と1/2カップにします。
サフラン、洋風スープの素、塩小さじ1/2、コショウ少々を加えてよく混ぜ合わせます。

3.直径30cmのプライパンに残りのオリーブオイルを熱し、ニンニクを炒めます。
香りが立ったら、玉ねぎを炒め、しんなりしてきたら米を洗わずに加えて炒めます。
米に油が回ってきたら、2のスープを入れ、煮立ったら弱火にしてアルミホイルをかぶせ、15分加熱します。

4.水分が完全になくなったら、サフラン、エビ、あさり、パプリカ、レンコンを並べて再度、アルミホイルをかぶせて2分加熱します。
火を止めて3分たったら、パセリを散らして完成。

 

 

まとめ

パエリアの作り方はいかがでしたか。

 

下準備をしてしまえば、あとは炒めて、煮るだけです。
簡単で、ちょっぴりゴージャスな食事ができます。

 

パエリアを作っている間に、もう一品料理を作れそうです。
食卓を華やかにしたいときや、友人との食事やホームパティ―にいかがですか。

 

パエリアは魚介類が代表的ですが、ソーセージや鶏肉などのお肉をメインにしたものもあります。
またイカ墨パエリアで、真っ黒なお米のパエリアとムール貝など、色々な味もありますので、
ぜひ作ってみてください。

 

今回は定番のエビ、あさりを使ったパエリアをご紹介しました。

それでは、楽しいクッキングを。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

&

コメント

タイトルとURLをコピーしました