Pizzaの王道マルゲリータレシピ!コストコやサイゼリアでも人気⁉

洋食
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。マオです!

ピザといえば、このマルゲリータを除いては語れないほど有名なナポリピザ!
イタリアの国旗をイメージした具材で、トマトソースの赤、バジルの緑、モッツァレラチーズの白とされています。このピザを考案したピザ職人が、マルゲリータ王妃にお出したところ、王妃が大変気に入りマルゲリータと命名されたということです。

 

マルゲリータは、ピザの中でもとてもシンプルなピザで、このピザがいちばん好きという人もいます。バジルを添えるだけでも、マルゲリータになってしまうほど食材がシンプルです。

 

マルゲリータを食べるなら、いえピザ全般ですが、やはり竈で焼いたピザがいちばん美味しいです。
とはいっても、残念ながらオーブンはあっても竈がない家がほとんどなので、オーブン焼きレシピをご紹介します。オーブンでも、ガスオーブンがあるお宅はかなり焼き具合が違ってきますし、美味しくできますよ。

 

コストコのマルゲリータはフードコート限定なので、既に焼いたピザになりますので、
その場で召し上がってくるスタイルです。すごく人気があり一時的に販売中止になったほどだそう。

 

そこまで人気なのですね。マルガリータの人気恐るべし!
コストコはよく行きますが、フードコート以外ではシーフードピザが結構好きで買います。
生地が厚いのと具沢山でボリューム満点です。

 

それでは、マルゲリータピザの材料を説明していきます。

 

スポンサーリンク

マルゲリータ王妃のマルゲリータの材料(直径20㎝×4枚分)

ピザ生地
・強力粉、薄力粉・・・各120g
・塩・・・小さじ1/2
・牛乳・・・3/4カップ
・ドライイースト・・・小さじ1
・オリーブオイル・・・大さじ2

 

トマトソース
・ホールトマト缶詰・・・400g
・にんにくのすりおろし・・・1/2かけ
・オリーブオイル・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1
・砂糖・・・一つまみ
・粗挽き黒コショウ・・・少々

 

トッピング
・ピザ用チーズ・・・240g
・モッツァレラチーズ・・・125g
・バジルの葉・・・16枚
・オリーブオイル・・・大さじ2

下準備

1.鍋に牛乳を入れて、中火で人肌温度になるまで1分ほど温めます。

 

マルゲリータの作り方(1枚690karori)

1.ボールに強力粉、薄力粉を合わせてふるっておきます。中央をくぼませ、ドライイーストを加え、ボールの端に塩を入れます。

2.中央に牛乳を少しずつ入れ、少しづつ粉を崩すようにフォークを使って混ぜ合わせていきます。同様にオリーブオイルも混ぜていきます。

3.生地全体に水分がいきわたり、ひとまとまりになってきたら手で混ぜます。ボールについた粉を生地にくっつけながら、
粉っぽさがなくなるまでまぜあわせていきます。

4.生地をコネていきます。台に打ち粉を撒き、生地を手のひらで押しつぶすようにして、伸ばしては二つに折る動作を2分ぐらい繰り返します。
記事のベタつきがなくなり、台にも生地がつかなくなったらコネるのを止めます。

5.生地を両手で持ち、勢いよく振って台に打ち付けます。生地を引っ張って伸ばし、外側から中側に丸めるようにして二つに折り、
つやが出るまで繰り返します。

6.生地を発酵させます。ボールに生地を丸めておき、生地に張り付けるようにラップをします。さらにボールの上からもラップをかけます。
日の当たる窓辺などに2~3時間おき、2倍の大きさに膨らむまで待ちます。

7.トマトソースを作ります。鍋にトマト缶を汁ごと入れ、軽くヘラで潰しておきます。そこへ、トマトソースの材料を全て加え中火で15分煮ておきます。

8.生地を伸ばしていきます。2倍に膨らんだ生地の中央に、打ち粉をつけた人差し指で差込ます。指を抜いたら穴が戻らなければ、発酵した印です。
穴が戻ってしまったら、さらに5~10分おいておきます。

9.生地を4等分に切り分け、丸の形にして5~10分休ませます。そうすることで生地が伸ばしやすくなります。

10.オープンを250℃に温めます。オーブンシートの上に生地をおき、麺棒で20cmの丸形に伸ばしていきます。

11.生地全体をフォークで穴を開けます。縁の部分を内側から縁側に向かって手のひらで作ります。具材のこぼれがないようにします。

12.天板に生地をのせて250℃で4分焼きます。表面がうっすらきつね色になるまで焼きます。生焼けを防ぐためです。

13、焼いた生地に、トマトソースを大さじ2~3杯まんべんなく塗ります。この時縁は残しておきます。
ピザ用チーズを全体に1/4散らし、モッツァレラチーズ、バジルの葉をちぎって散らし、最後にオリーブオイルを大さじ1/2を回しかけます。

14.チーズが溶けるまで3分程焼いて完成。

 

まとめ

ピザ生地は発酵時間が2~3時間かかりますが、最近はオーブンで発酵というのがあり時短することも出来ます。

一度は生地から手作りしてみると、自分で作ったピザに感動しますよ。

もちろんピザシートも売っているので、トッピングだけするのもありですが・・・。

手作りピザが食べたくなった休日のランチにいかがですか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました